淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

8

淡路島の地酒・都美人(みやこびじん)酒蔵見学

DSC00270.jpg
木曜日の定休日。

多くを学んだ一日でした。

素敵なご縁に恵まれ、淡路島の地酒 都美人酒造の酒蔵見学に行きました。



案内をしてくださった木下前会長様のお話や熱意や

本当にすべてが

とても勉強になり、強く刺激を受け、言葉にできない思いがいっぱいになりました。



木曜日から大将となんども都美人での話をしたり、

お酒をじっくり飲んでは

都美人で見たこと、聞いたこと、書き留めたことを何度も反芻しては

「淡路島に素晴らしい酒造りがある。」

「淡路島に想いの素晴らしい人がいる。」との思いに至っています。



DSC00256jpg

都美人の敷地には、そこで働く人たちの、手にかけた愛情あふれる手作りが

お酒以外にも、ふとしたところに、さりげなく存在していて

人のちからの素晴らしさを感じました。

この写真の影絵はいろいろなお酒造りにかかわる作業が、くるくると回転しながら

映し出されたものでじっと見ていたのですが、これも手作りでした。

ひとりひとりの動きが

一生懸命で活き活きしているので

見入ってしまいました。

現実は、お酒造りにかかわる作業をあげると大変な工程と

根気強さの繰り返しの中に、おいしいお酒が仕上がると想像していたのですが、

今回お話を聞いて、その現場を見ることで

想像をはるかに超え、目の前のお酒の形になるまでを思うと

感慨深いものがあります。


DSC00254.jpg

山田錦を精米していくのですが、

やさしくやさしくやさしく

三昼夜圧力をかけずに、混ぜていくことで

栄養分を削ることができ、雑味のないお酒になるそうです。

写真は精米前と40%になった精米です。

大吟醸は半分以上削っていることが大前提だそうなのでかなり削られています。

削るといっても、本当に丁寧に行わないと欠けたり、

丸みがない形になってしまうので、手のひらにのせた粒をみて


まるで宝物の一粒ひとつぶだなと思いました。


そのあと、このお米は磨いたときに光る米と聞いて

本当に大きく納得しました。


取り組む人の 心意気と 磨かれた米をみて 感動しました。



皆様にも伝わるかと思って写真を撮りました。いかがですか?




寒い寒い冬、そして朝にお酒を造ることについても知りました。

ひとつは、新米を使うことで美味しいお酒になるため

ふたつに、冬の水は1年間もつと言われ、雑菌がなくとても綺麗な水のため

三つ目に、米を蒸した後温度を下げるのにいいこと。

温度を高いままで作るとざっとしたお酒になってしまうとのこと。

朝早いと温度が低いことと、空気が綺麗であること。

自然と環境

繊細な味わい

本物を作っていくためには様々なことに目を配り

実際にその中で、ひとつひとつを重ねて取り組んでいくことをしていることがわかりました。




酵母作りの大変さ

麹、酒母の双方がとても大事なこと

沢山たくさん学びました。





DSC00272.jpg
DSC00265.jpg

酒蔵では、お酒の香りがほのかに香ってきたり、

こまめに状態を確認している様子や

ふつふつと元気に酵母が活性している様子や

槽掛け天秤絞りの、丁寧に少しずつ加圧しながらお酒を絞る作業についてお話くださり

どこをとっても

丁寧で、味わいを深くするために

ここまで取り組むのかと感心しました。


完成されて、世に生まれた日本酒を見て

様々なドラマが織りなされて

形になったことを思いながら

お酒をいただくと、体に心に染入っていく感覚でした。



DSC00263.jpg

「小さくていいから、輝く蔵へ」との想いがこめられた素晴らしい蔵でした。



本物を語る

フレームで作ったものでは語れるものがなく

本物の中には、風景があり、作り手の心意気があり

それらの風景が浮かぶように お客様に伝えることが

お客様への喜びにも繋がることであることも学びました。


都美人酒造のある場所は、水・空気が綺麗です。


そのお酒が生まれた場所というのは

地域の風土にあったものに合うようになっているそうです。


淡路島のこの場所で生まれたお酒は

淡路島の風土と相性がいいというのに納得でした。


とても勉強になった一日でした。

本当に素人の私でも、心に響くお話と、酒蔵でした。




ここからが、また私たちのスタートです。

あれから一日の終わりに、私たちも都美人のお酒を味わって飲んでいます。



料理とお酒

背景を語り、味と味わいを楽しんでいただけるように

していきたいなと大将と話をしています。


淡路島には本当に素敵に取り組んでいる場所や人がいることに

私たちも、心新たに 頑張っていこうという気持ちになりました。


三時間に渡りお話と案内を、

この日のために時間を作って下さった木下前会長様に心から感謝と

その姿に、これからの活力をいただきました。


本当にいい一日になりました。

私たちが大事にしていることと重なるところもあり、励みになった一日でした。

淡路島にお越しになったら

ぜひ、足を運ばれると素敵なお酒との出会いがあると思います。




-よき出会いに感謝しながら miki


都美人酒造←ホームページはこちらからもご覧になれます。

コメント

No title

僕の記事とは違って、素晴らしいお酒を造っているみたいですね!

浪速酒造さんもこんな気持ちを持ち続けてくれればよかったのに!

孝ちゃんのパパ様

孝ちゃんのパパ様☆

ありがとうございます。
地道に取り組んでいる姿や、場の空気感に圧倒されて
すぐには、ブログに書き落とせなかったほどでした。
とても木下前会長様の想いに感動でした。

孝ちゃんのパパさんの浪速酒造さんの記事、考えるものがありました。
小さくても輝く蔵をという方向転換を都酒造さんの
想いは本当に素敵でしたよ。

No title

「都美人」の製造工程よく分かりました。
酒を生み出し、世に送り出すまでの人間の知恵・工夫・技術など、直に伝わってきました。
「生むは難し、飲むは易し」、人々の苦労が詰まった酒、思いをかみしめながら飲むと味もまた、格別なものになるのではと、文跡をたどりました。
 分かりやすく、心がこもった素晴らしい内容ですね。

酒の香り、春風に吹かれてやってきた。
いい香りですね・・・。

No title

こんにちはー。
mae mikiさんのブログを読ませていただいてると、ほんとに心が温かくなります。
ひとつひとつの工程や手仕事を大事にして…というのは、すごくしっかりとした暮らしなんだなあと思いました。
またおじゃまさせてくださいね。

カズジイー様

カズジイー様☆

ありがとうございます。
あまりにもいろいろなものを学んだり、大切にしたいことや、
今後について等考えていると、言葉に出来にくくて・・。

カズジイー様が記事を待ってるといってくださったので
今の自分の中にあることを整理して
書くことができました。

今回、丁寧に案内やお話を伺えて、多くの感動を得たので
それが文に表れていたらいいなと思って・・
カズジイー様。ありがとうございました。

もじゃみ母様

もじゃみ母様☆

ありがとうございます。
(;'∀')私自身は、丁寧な工程や手作りをしているより、
周囲の人たちが、素敵なんですよね。
取り入れることや思いを馳せることだけで、
しっかりした暮らしを目指したいです(笑)

素敵な酒蔵ですね♪

こんばんわです。
素敵な酒蔵のお話、コレもまた心に染みました…
私もお酒が大好きで、美味しいお酒を日々探してネットサーフィンしていた時期がありました。
このお話を読ませて頂いて、このお酒が飲んでみたくなりました♪
私の地元宮城にも美味しいお酒を作ってくださる酒蔵が沢山あります。
私の一押しは一ノ蔵です。
春には蔵開放の日があり、普段は出来ない酒蔵見学や、一ノ蔵オリジナルの商品が沢山(*^^*)
機会があったら是非飲んでみてくださいね♪
では、また寄らせていただきますね|^▽^)ノ

もちょちょび様

もちょちょび様☆

ありがとうございます。
今回本当に、縁があってお伺いして
学んだことがいっぱいでした。
少しでも伝わればいいなと。
本当に素敵なことばかりだったので、丁寧に自分の中に
いったん落とし込んで書きました。
宮城のお酒の一ノ蔵がおすすめなんですね。
メモしました。(*'▽')

私も仙台に住んでいた時があって、思うところがあります。
余談ですが、アンジュボンボンが大好きで釘付けでした。(笑)

ありがとうございます。
非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR