淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

8

美しく綺麗な姿に仕立ててあげること

DSC00052.jpg

今日は「わらび」のお話。


わらびは4月中旬まで楽しめる春のものです。

まえ川の一皿にも登場です。



DSC00050.jpg

厨房に行くと、黙々と作業中。


大将が「うぶ毛をとって綺麗な姿にしてあげてるんだ」

大将が、わらびの綺麗な色を引き出すために黙々と作業をしていました。

わらびのうぶ毛をとるため、

一本一本 ソソソソッと塩もみをしてあげていました。



DSC00062.jpg
竹灰をいれて、まぶしてボールに熱湯を注いで

灰汁抜き。

一時間置いて、一晩流水にさらしていました。


大将は、ここから味を、あえてつけずにいたのは

わらびの美味しさとわらびの色を楽しめるようにということでした。



DSC00175.jpg

・トマトの艶煮
・合鴨の薫製
・サザエの旨煮
・芽キャベツ
・竹の子
・こんにゃくの炒め煮(竹の子を立てる台になってます)
・くらげの黄味酢かけ(まだ黄味酢はかけてない段階の写真です)
・わらび

DSC00176.jpg

大将は、

わらび自身の美味しさや美しさ

持ち味を生かすためにも

それらを引き出すための工程をしっかり踏んで

手をかけてしているんだなと感心しました。






素材の素敵さと、生かされた素敵さが一緒にある姿に

はっとしました。



「泥が付いたままの わらびの私をどうぞ。」と言われても困っちゃいます。


「わぁ。ステキ。」と思ってもらえる姿からがはじまりなんだと思いました。










お皿に登場したわらびの姿に


「あっ。人も一緒か!。私はどうだろう?」



姿も心持ちも手をかけて、磨かれた自分でありたいな。


そんなことを考えました。





まずは、周りの人を笑顔に!


次に・・・・・・・


腹筋鍛えるところからがんばろうかな(笑)


わらびが、春色で素敵になっていく姿にふと自分を重ねてみてました。


-miki

コメント

山の恵みに感謝

下ごしらえから盛り付けまで、本当に手が込んでますね。
蕨の料理に手間暇かかってるなんて知りませんでした。
忙しいとつい、パクパク食べてしまいます^^;
これからは蕨の味をしっかり噛みしめたいと思います。

No title

私ワラビ好きなんだけど・・自分で料理したことがないので・・とてもてまがかかるんだな・・て思いました。
腹筋鍛えるの頑張ってね^^(笑)

No title

人はもまれてその人の味がでると思いますよ。
ある意味、料理と同じようなものだ思いますが・・・。
きっと、きれいで心優しい方なんでしょうね・・・。
だって大将の心が動いたんだから。
「腹筋鍛える・・・」、その必要ないのでは、今が魅力的だと思いますが・・・。
さて、大将は?

カーツ・ノカーナ様

ありがとうございます。

私もわらびが出てても、春だなくらいで食べてました(*´▽`*)
岡山で知り合いの方からわらびをいただいた時も、気に留めておらず・・
嫁にきてから、大将の姿をみて知ったことばかりで・・
恥ずかしい限りなんです('◇')ゞ

産毛をとったり、工程をざっとするところもあるそうですが
今度わらびに出会ったら観察してみよと思っています。

じゅんこ様

私も、自分で下ごしらえしたことがなくて(笑)
知りませんでした。

お皿にちょこっと添えるだけで、こんなに準備するんだって
驚いたという状態(笑)

勉強中です('◇')ゞ

カズジイー様

カズジイー様☆

ありがとうございます。
人はもまれて味が出るのであれば、どうでしょうか。
出会いの数では、あるかもしれません(笑)
小さいころから転校も多く、大人になってから更に多くの方と
出会ったので。
でもこれが、みなさん素敵な人ばかりで、本当に弱るわと思った方との
出会いは、ごくごく少ないのでもまれているかどうか(笑)

腹筋はつけると、姿勢がぐんとよくなると思うので
お料理をお運びするときも、お客様が見ていて気持ちがいいかな
と思って('◇')ゞ
インナーマッスルを。見えない努力ですが、大きいかなと(笑)

大将は私を選んでどうだったか聞いてみます。(笑)




素敵なことてすね…(*^^*)

こんにちわです。
初めまして、もちょちょび。と申します。
とても素敵なお話、じーんときてしまいました。
素材をいかすことって、ちょっとした一手間なんですね(*^^*)
とても勉強になりました。
有り難うございますm(__)m
また、寄らせていただきます(*^^*)

もちょちょび様

もちょちょび様☆

はじめまして。コメントありがとうござます。
私はもちょちょびさんのコメントにじーーんとしました。

素材をいかすために、手間をおしんではいけないんだと
大将を見て学んだばかりです私。(*´▽`*)

またぜひ来てください。私も遊びに行きます。

非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR