淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

10

牡蠣のオイルサーディン漬け

DSC03074.jpg

ブログを見てくださっている皆様、いつもありがとうございます(*'▽')

方々から「ブログ見たよー!」とか「ブログいい感じやなぁ」と褒めていただいたことを

大将経由で聞いたりして

ちょっと正月明けでもあり、嬉しくて「喜びの舞い」をしだすかもしれないという

嫁であります(笑)

本当に嬉しいです。とても励みになります!!ありがとうございます(*'▽')





本日は「牡蠣のオイルサーディン漬け」についての紹介を。

コースの前菜や焼八寸に添えられている一品です。



大将、牡蠣の香りを一つ一つ確認していきます。

それから、牡蠣を片栗粉でもんでいきます。


「昔は、大根おろしでもんでいたんだけど、もうそれは一昔前のやり方なんよ。

くさみを抜いて、汚れを落とすとき片栗粉を使う方がいいんよ。大根おろしを使うと

何遍も何遍も揉んで洗うことになって、旨味までも抜けてしまうから(*'▽')」と大将。


ひとつ物知りになった嫁(^_^)v実践することはあるかは定かでありませんが(笑)



DSC03073.jpg


それから、火を通していきます。


縮みすぎないように注意深く


そしてしっかりと、いい頃合いまで火をとおしていきます。




DSC03075.jpg

南蛮漬けではなく「洋風の南蛮漬け・オイルサーディン漬け」にしていきます。


米酢、オリーブオイル、砂糖、塩、こしょう、月桂樹を合わせて作ります。

月桂樹は香りづけに

ここのポイントは、「火をいれないこと」だそうです。

火を加えると酢がとんでしまうからとのこと。


(*'▽')「なるほどー!!」とためしてガッテンのボタンがあったら連打するであろう嫁でした。


それから3日漬けるととても味がしみて美味しい「牡蠣のサーディン漬け」が出来上がります。



冬のこの時期は


酢漬け・甘露煮・黒豆など


昔から保存のきく調理をして、料理をいただいて


夏は、甘いもの酸っぱいものの調理を通して


食材が痛みにくくするという知恵




「日本の中で、受けついできた知恵から出来た料理を通して

季節を感じてもらえたらなぁと思って作ったんだ(*'▽')」と大将。





そんな思いが込められた「牡蠣のオイルサーディン漬け」の風景からのお話でした。



-miki

コメント

No title

わお!カキーーーっ!!!大好きでありますぅ❤

え!?大根おろしで洗うのは もう古い?のですね!
古い・・・という言葉に とても敏感な私です。
片栗粉ですね!勉強になりましたv-218
え!?カキは縮みますよ?どうやっても 熱を加えると
縮みますよ?えぇえぇ、気をつけてても縮みますよ。
やっぱり 私はドがつくシロウトですね!
弱火でじわじわと・・・かな?

バルはは様

ありがとうございます(*'▽')

バルははさんは牡蠣がお好きなのですね!

大根おろしでする方法は一昔前とのことですが、
昔ながらの方法でする方が好きという方もいるかもしれません。
片栗粉というやり方もお試しくださいませ(*'▽')

牡蠣は縮みますが、焼き方で縮みすぎなくなるそうです。
あんばいがむつかしいそうです。一気にいくと縮むそうです。

No title

ガッテン!ガッテン!・・・

代わりに叩いといたよ(^O^)


牡蠣、美味しそうですね~
僕らがやると、縮んじゃうけど
やっぱり、違いますなぁ

一個ずつ、丁寧な仕事ぶりが
めっちゃ伝わってきますo(^▽^)o

Switch-On!! 様

ありがとうございます!(*'▽')

ガッテンボタンまで(笑)

Switch-On!! さんの薫製の技もすごいですよ!

レポートも!(*'▽')

今年も地道に「美味しいを迎えにいく大将の姿」をお届けしたいとおもっていますので

またのぞきにきてやってください!!



No title

こんにちはー。
mikiさんの 思わず「喜びの舞い」!!可愛いなあ❤
牡蠣が美味しい季節ですねー♪実家の母がよくカキフライを作ってくれたことを思い出します。大将様の丁寧な職人技がすごいな~って思います!一球入魂ならぬ、一牡蠣入魂!ですねっ。それに、洋風って!すごく美味しそうです❤
片栗粉をまぶしてから鍋に入れると縮みにくプルンとしたままいただける…と、以前聞いたことがあります。片栗粉で洗うんですね。
私もガッテンボタン、連打しまくり~~~っ!

No title

牡蠣は我が家も大好物ですが、やはり塩梅が難しいですよね。
ちょうど美味しい時を逃がし、どうしても火が通り過ぎたりして…
ふっくらとせず縮んでしまうのよねv-409
大根おろしで洗うのは私も随分前にしていましたが
その後に片栗粉、実は今は塩水で洗うだけです(汗
何だか汚れが落ちないようで嫌なのですが
それでよしと聞いてから、その方法で…でも何となく片栗の方が良いかな~とも。

No title

牡蠣、あの広島の・・・こちらでは見れません。
生で食べるものとばかり思っていました。
そんな調理方法があったんですね。
秘伝公開して良かったかな・・・?
それにしても大将は料理の名人ですね。
大将の料理、一度でいいから味わってみたいですね。

リズム感のある文脈、柔らかいスタイルの「嫁日記」、読んでいて楽しくなりました。

もじゃみ母様

ありがとうございます(*'▽')

喜びの舞のイメージ図を描こうかと思ったりしましたよ(笑)

カキフライおいしいですよね!私も大好きです。

時々大将がカキフライをしてくれるのがまた美味しいのです(*'▽')

片栗粉使ってみてくださいー。ぜひ!!

betya様

ありがとうございます(*'▽')

私も確実に縮みます。かなり小さくなるのです(笑)

色々な方法を試してみるのがいいですね。

私も塩水派でした(笑)

実際にこの技を使う時が嫁にくるかどうか(笑)です。

カズジィー様

ありがとうございます(*'▽')

生で食べるのを思い浮かぶのですね。

私は以前勤めていたところでは「牡蠣の生は食べないように」との通達があったり

したのでカキフライとか火がしっかり通ったものを思い浮かべます。

秘伝公開(笑)ではないようです。

一応私もこれは公開していいのかと確認しながら書いているので(笑)

お気遣いありがとうございます。優しいですね(*'▽')

大将、嫁ダブルで喜びの舞をする勢いです。
非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR