淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

6

イサギと蛸のやわらか煮

DSC02488.jpg

今月の焚き合わせは「イサギと蛸のやわらか煮」です。

焚き合わせは煮つけとはまた別の物で、

山の物と海の物を別々に焚き合わせることから

焚き合わせといいます。



イサギはごぼうと一緒に30分焚いて

別に、

タコもやわらかく(これには色々のマル秘の下処理やマル秘を投入したり、味の配分もあります(*'▽'))

なるまで1時間ほど圧力鍋で焚きます。

そして、紅葉麩、いんげん豆も別々に焚いて

最後に盛り合わせします。


下処理をして出来上がるまでには、傍から見ていて手間がかなりかかる一品だなと思って

感心する嫁でした。(;'∀')

家の食卓だったら、何品になるんだ??なんて思ったり(笑)





秋は、何故か、お客様がストンと抜ける日もあるそうで、

より一層手間のかかる一品を作っているとのこと。


またこれから前菜や八寸ものも替わってくるそうなので

楽しみにしていてください。(*'▽')と大将が言ってます。


お楽しみに!!(*'▽')



-miki

コメント

No title

mikiさんお疲れ様です。

何かで見たような 蛸を柔らかく煮るのに 重曹使うんだったけかな?

炊き合わせは そういう理由があるのですね。

私が作る汚い煮物が 煮物で 大将さんのようなすごい人が作ると炊き合わせ

かと思っていました。(笑)

手間暇かかる料理だから 美味しさと真心が伝わるんですね。

ラブママ様

いま、ラブママさんのところにお邪魔して帰ってきたら、コメントくださっていて(笑)

同時にお互いの所で書いていたかも(笑)気が合いますね!!

これが、重曹ではないのですよ(/・ω・)私たちの食生活に普通にあるものでした。

「そうなんだ(*'▽')」と勉強になりましたよ。

私も「煮物・煮つけ」しかつくったことがないです(笑)

真心を込めて作りますが大将には敵いません。('ω')

No title

本当に美味しい物は見えない所で、
手間暇かかりますよね!
好きで愛情が無いと出来ない仕事だと思います、
そして流石に美味しそう(^O^)
秋の食材は存分に腕が振るえますね!
行楽に行ったらやっぱり美味しいもの
食べたいですよね!

No title

こんにちはー。
タコさん、幼少の頃は天敵だったですけど(詳細は以前お話しましたよね、ああ恥ずかしっ!!)こーんなにじっくりお料理されて、柔らかそうで。。。美味しそう❤ 焚き合わせと煮つけとの違い、ほお~~~!一つ賢くなりました。mikiさん大将様、ありがとございます。

SUN太郎様

ありがとうございます。

大事なものは目に見えないけれど、作られて現れた姿から

それらを感じることはできるなぁと

最近特に思います。

そういう風に見ることのできる目や感性をもっていたいものです。

Re: No title

こんばんはー(*'▽')

ありがとうございます。

タコはとてもやわらかく変身しています。あっという間に口の中でなくなって

いきます(*'▽')焚き合わせと煮つけ、私も大将に教えてもらって知ったものです。

外食で特に和食のコースを頂くときに、そっと観察するようになった嫁です(笑)
非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR