淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

11

ひらり・さわやか・木の葉生姜

DSC01962.jpg

主役を支える影の癒し系「木の葉生姜」のお話です。


初めてこの可愛い生姜を見た時に「わぁ(*'▽')」と見入る私でした。


生姜を木の葉に剥いて


スライスして


さっと湯をして


甘酢につけます。


この「さっと湯を通す」ことで、ほんのりピンクの色が自然にでるとのことでした。

DSC01963.jpg

ほんのりピンクがみえるでしょうか?


木の葉たち


一枚一枚に表情があって


ちょぽんと甘酢に浸かって 可愛い集団になっていました。


この写真のタイトルは「仲間とのひととき」(笑)

DSC01985.jpg

木の葉生姜は、箸休めの役割。

大将に聴きました。



私:なんで木の葉にしたの?そのまんまの形の生姜じゃないのはなんで?


大将:なんでも、そのまんまの形で出すより、ちょっと「あら(*'▽')!」って思って

   見ても楽しんでもらえるのがいいなって思って。




「あら!(*'▽')」と思って戴けるようにとサラリと言ってますが、


技がないとこのタイプの「あら!(*'▽')」が生まれないことを嫁は気付いています(笑)


淡路島は良い食材が沢山なので「おお!!」「わぁ。美味しい!」がたくさんです。


そこに「あら!(*'▽')」が加わるのもいいなと


主役を支える木の葉生姜をみて

思ったりしました。


お皿にのる、どの一品も、大切にしている大将の今日は木の葉生姜の話でした。


-miki

コメント

No title

この心遣いが和食の本道ですね。

孝ちゃんがいる時に気付いていたら
孝ちゃんも喜んでくれただろうなって思っています。

No title

のん兵衛の主人(笑)は生姜が大好きなので、箸やすめに良く食べます。
赤梅酢で紅ショウガや、甘酢漬けは手作りをしますが
甘酢に漬けるとほんのりピンクでキレイなんですよね~
私は塩でサッところし漬けていましたがv-393お勉強になりました。
今度漬ける時はサッと湯がいてから漬けてみますね。
きれいな木の葉形、このひと手間ですよね~ 素敵ですv-424(大将さんの気心もね)

No title

mikiさんこんにちは。

良いことを聞きました。 去年生姜を漬けました。

パッと 湯通しすればいいのですね。 さすがプロ

参考になります。

惜しげもなく ブログに載せてくださった大将さんに

大感謝

No title

こんばんはー。
なーんてなんてステキな木の葉!!!大将様の作られるお料理は、感動の「あら(*'▽')!」がいっぱいですよね。木の葉の形、大将様の魔法が飛び出しましたね。。。mikiさんは大将様をしっかり支える木の葉生姜のような、可愛くってステキなお嫁さんです♪

孝ちゃんのパパ様

ありがとうございます。

和食には、相手を想う心も入ってるようですね。

孝ちゃんはいま、変わっていくパパさんをみて微笑んでいると思いますよ(*'▽')

betya様

ありがとうございます。

旦那様のために、素敵ですね。
旦那様はしあわせものです(*'▽')

ちょっとしたコツというものが、色々あるようです。
大将はブログで教えてあげたらいいなとか言って
伝授してくれるのでまたお伝えしていきたいと思います。

ラブママ様

ありがとうございます。

生姜をご家庭で漬けていること自体が素敵ですね。

大将はブログで教えてあげたらいいねなどと、ちょっとしたコツなんかを
伝授してくれます(笑)

その様子を見ていても惜しげは全くないですね(*'▽')

いい人です(笑)

もじゃみ母様

ありがとうございます。

地道な技が、魔法みたいなことになるというのが面白いです。

これからどんな「あら(*'▽')」を見ることができるのかとワクワクです。

私は大将に寄りかかってばかりなので

支えることができるように進化していきたいとおもいます(*'▽')

鍵付きコメント様

参考にしていただけたとは!!

いい感じに仕上がってよかった!!(*'▽')

大将に報告したら喜んでいました!!

とても嬉しかったです。報告ありがとうございました!!

No title

木の葉の形がうっすらピンクで透けそうで…

素敵♪

形はとうていマネできませんが

甘酢しょうが さっと湯通しして甘酢につけて・・・

作りたくなってきました(#^.^#)

生姜苦手ですが、夏にはちょっとチャレンジして

食べてみようかな・・・

mimousa様

ありがとうございます。

色がほんのりピンクで、しかも自然色なので不思議です。

生姜が得意ではないのにチャレンジしてみようかと

ちらりと思っていただけたのは

なんだか嬉しく思いました。

(*'▽')
非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR