淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市にある和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

8

雨上がりの京都ぶらり歩き

DSC01903.jpg
錦市場から、八坂神社へ向かいだすと

雨が上がりました。



「ほらね。雨大丈夫って言ってでしょ。よかったねー」などと

またあたかも自分が晴れの人だと言わんばかりの、したり顔でした。(^J^)

神様もあきれ顔だったかもしれません。(反省)

綺麗に整えられたツツジが迎えてくれました。


DSC01894.jpg

大将は「いい。いいわ。」と戎様を撫でるのを遠慮していましたが(笑)


私が「ここまで来させてもらったのだからお礼とご利益をいただこう!!代表者!!はい!」と


戎様の頭をしっかりとなでてくださいと大将にお願いしまして(笑)


戎様と結ばれた瞬間を撮りました(*'▽')←困った嫁だなぁと思っている方、その通りです(笑)


DSC01898.jpg
本殿にお詣りをして

その後、「美御前社」にお詣り。

修復され、より一層、麗しきお力がお強くなられたとのこと。

私は気合いを入れて(>_<)←そこ気合い入れるところなの?!と

きっと友人は突っ込みをいれるでしょうが(笑)



大将は「・・・・」と、なりながら荷物を持ってくれていました。


手のひらに神水を頂き

肌につけさせていただきました。




「身も心も美しく」美徳成就。(*'▽')

お力をお借りしながら、日々徳を重ねていきます。

DSC01899.jpg
ゆっくり散策しながら

歩いていくと、大将の目当ての「刃物」神社。

大将は黙って手を合わせに行きました。

刃物に感謝と命を頂いて料理させていただいていますと後ろで私も手を合わせました。


DSC01900.jpg

大将は修業中、祇園を訪れたら

ここに来て手を合わせていたようです。

DSC01902.jpg
雨上がりに、夕暮れの前の日差しが射してきて

辺りがキラキラと輝いていました。

ありがたい気持ちも一緒にいただきました。


DSC01904.jpg

お食事をいただくお店へと歩いていると

紫陽花がきれいに咲いていました。

祇園の小路の風景は、凛とした空気と、ふわっと花や緑が静かに咲いていて

どこをとっても絵になるなぁと感心しました。



DSC01923.jpg

お食事のお店は、大将が以前足を運んだ時とは店主が変わっていて

大将は少し残念がっていましたが

私は、大将が昔訪れた場所で食事ができて嬉しいなとニコニコ上機嫌でした。

帰りは、日が暮れ

鴨川沿いの灯りがとても綺麗でした。

アベックの皆さんが、等間隔で川に沿って座っている姿も

なんだかいいなぁと思いながら見ていました。

京都もとても素敵な所だなとまた思いました。


電車の中から

その土地、その土地に

灯りが灯っているのを見て、

灯りは人の暮らしが、営みがあることを感じさせてくれるねと

大将とそんな話をしながら帰りました。


大阪・京都

急ぎ足で過ごしましたが、とても心地のいい時間をすごせて

明日からまた頑張ろうと思いました。



-miki

コメント

No title

こんにちはmikiさん。

経った1回もう30年以上前に修学旅行で行った京都。絶対また行きたいと思って

はや30年。主人は行った事が無いそうなので 主人が退職したら 主人の退職金

で行きたいと思っています。(笑)
 
八坂神社は 友達と迷ってタクシーに乗ったら100メートルくらいの近くで大笑

い。ショーケースに大きなたこが入っている たこやきの屋台から買ったたこや

きにたこ1個も入ってなくて大笑い。そして何よりお寺 神社が大好きなので京都

には惹かれます。

昭和の男と相談して キャンピングカーで 日本1周したいなと。

その時には 淡路島に行って まえ川でお料理を食べたいです。それまで昭和の

男には 懲戒解雇だけにはならないように 無事定年を迎えることが出来るよう

に 何もできないけどmikiさんのように毎日呪文唱えてあげたいと思います

それまで お互いに元気でフルログで繋がって入れますように。

灯りが灯って♪

mikiさん、こんにちは(#^.^#)

お天気に恵まれて、いい旅行でしたね♪

戎様にも照れちゃう大将さん、mikiさんが見てるから…
恥ずかしかったのかな(〃▽〃)

でも、刃物神社での大将さんは、キリッと男らしいですね!

京都の町、ほんとに…絵になりますね!
素敵な所ばかりですヾ(*´▽`*)ノ

紫陽花の色も…街の灯りも…心にしみます…。

旅行の素敵な写真、かわいいお土産の写真を、たくさん見せて頂いて
私も、うきうきなりました♪
ありがとう~♪mikiさん~(#^.^#)

No title

後ろ姿といい、ふっくらとした手といい、優しい人柄が伝わりますね。
「手のひらに神水いただき、肌につけ、美徳成就、包丁一本、料理と過ごした日々の思い、刃物大神に祈りを捧げ、修行のりこえ一人たち、二人で楽しむ京都ぶらり旅」ですね・・・
いい旅になりましたね・・・。

No title

mikiさん こんばんは

京都は和の風情で沢山ですね。お二人で楽しかったのが凄く伝わります^^
こんぺいとうも小物も可愛いですね^^
今日お写真を見せていただいて行っていた時の事が浮かんできます。
戎様に触れられてきっと今以上に商売繁盛しますよ^^
お二人で仕事から離れてぶらりとするのは良い事ですよね。
お互い感謝の気持ちになったり、いろんな考えも浮かんできてまた頑張れますものね。
これからもmikiさんの優しい思いやりで大将さんを支えられて下さいね^^

ラブママ様

ありがとうございます。

目に浮かぶ、30年前の楽しい思い出のおすそ分けをいただいて

私も楽しくなりました。神社やお寺を巡るのに京都はとてもいいところですね。

旦那様の初京都の思い出を作れるように、元気で健康でお仕事をと願っています!!

淡路島も七福神めぐりなどもありますので

こじんまりとしているかもしれませんが

いいところですよ!

定年のキャンピングカーでの日本めぐり!実現ですね!(*'▽')

☆るい☆★様

ありがとうございます。

大将は刃物神社では、自分から行ってましたので、きっと商売繁盛より刃物への感謝とか
恵みの感謝とか、もっと日々研鑽しますということのほうが重要なんだという人ですので
戎さんを撫でるということを思っていなかったのでしょうね(笑)

京都はとても絵になる町ですね。

写真を撮るのが好きな私は、嬉しくなりましたよ。

カズジィー様

ありがとうございます。

大将は優しくて縁の下の力持ちという感じの人です(*'▽')

すごい!!!詩が!!

嬉しい詩をありがとうございます。

いい旅。二人で楽しんだことを思い出しながら詩をよませていただきました。

(*'▽')嬉しいです。

sara様

ありがとうございます。

私の誕生日祝いを兼ねてのお店の小物を見つける計画を立ててくれたんで
大将には感謝しています。

お客様に喜んでいただけるお店になることが
一番の願いで、叶うように日々努力します!!

色々なお店を巡りいろんなヒントもアイディアもでました!
やっぱり旅はいいですね。
非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR