淡路島 季節料理まえ川日記

南あわじ市の小さな小さな和食のお店です。季節の恵みを素敵に心をこめて届けます。

16

炊き合わせ=イトヨリの葉桜蒸し=

DSC01938.jpg

まえ川の会席コース料理の

今月の炊き合わせは「イトヨリの葉桜蒸し」になります。

(スズキの葉桜蒸しなど、その時々に合わせてお魚が変わる時があります。)



炊き合わせは、複数の食材を使い、一つ一つの食材をそれぞれに薄味で炊いて、一つのお皿に

彩りよく盛り合わせたお料理です。






それぞれの持ち味を生かし、目にも、味にも美味しい一品です。


炊き合わせという一品を意識してみるようになったのも

お店を手伝うようになってからです。


イトヨリを道明寺で包み、桜の葉で包み、蒸します。

葉桜の香りが蒸した器の蓋をあけるといい香りです。


DSC01848.jpg

ワサビの銀あんをかけ

海老とオクラを綺麗に添えて。


とても優しい、ふんわりとした葉桜蒸しです。

季節によって

桜が満開の頃などは、ピンク色に色づけすることもあるそうです。

今は葉桜なので、白色という形で

季節も表現しているとのことでした。



DSC01849.jpg



それまで外食した時に、コースを頂くときに魚の煮物だったり、

お野菜丸ごと一つを煮て出るのも

持ち味を生かしての一品と思っていたのですが、


大将の炊き合わせを見るようになって

自分の味わい方の世界がまたひとつ広がったような気持ちになったりしました。


ひとつひとつを生かしながら

一つのお皿で素材が出会い、美味しいを全体で創り出すのが炊き合わせだと

思うようになりました。


何か色々なことに通じていて面白いですね。

(今までしてきた仕事や人と協力して何かを取り組む時のことなどにも当てはめて考えたり)




大将は上手を言いませんが

料理で色々を表現しています(笑)




季節の一品 炊き合わせのお話でした。





-miki

コメント

No title

なるほどです。
炊き合わせは 確かに 別なものにも例えられますね。

美味しい旬の物を 大将さんの魔法と mikiさんの暖かさで

そして季節を盛りこんで まえ川のお料理になるのですね。

なんだか暖かくて 美味しそうで幸せになりそうな逸品です。

四季

mikiさん、こんばんは(#^.^#)

炊き合わせ、色々な素材の味を楽しめて…とっても美味しそうです♪

お料理で季節を表現されていて、目で見ても、ご馳走ですね!

四季いろいろ…楽しみになります♪

炊き合わせ・・・・難しそう・・・・

よく 懐石料理とか? では食べる事ありますが 楽しみにしている大好きな一品です
何を炊き合わせても美味しいですよねぇ~
でもでも 自分で作るとなると別で・・・・無理です。
だって あんなに綺麗な色で炊くなんて やっぱプロでないと無理な技だと思います。それにそれに あんがまたまた 美味しそう~食べてみたい~v-424

ラブママ様

ありがとうございます。

炊き合わせという名前の通り「合わさる」ことがお皿の上でできているのが

炊き合わせなのだなと知りました。

外で煮物でいっしょくたに調理されていると残念だなとワクワクしながらお料理を待っている分思ってしまうようになりました。有名なお店でも一食材での煮物がでてきたりすると、「えーん(p_-)味わってみたかったのに。炊き合わせ・・」となります。

大将はきっとそこの部分、裏切らないお料理を作っているなと

心の中で、嫁は「ニヤリ」としています(笑)

私はそれを壊さないように、お届けする役目をしっかりしていこうと思っています。

☆るい☆★様

ありがとうございます。

新しい一品が登場するたびに「季節」を感じます。

見ていて楽しいですよ。

目で見てのご馳走と褒めてくださってありがとうございます。

(*'▽')嬉しいです!

エミコ様

ありがとうございます。

炊き合わせという一品は丁寧につくられていますよね。

その分楽しみが増しますね。

自分で作るというのは私の中でなかった(笑)
エミコさんチャレンジするところがスゴイ!

No title

料理の勉強になりますね。
色あわせ、季節感、素材との出会い、そこから生まれる独特の味、奥の深さ・・・芸術作品ですね。
そんな、炊き合わせの一皿、一度いいから食したいですね。
ここでは無理か、巡り合えない・・・残念。
「イトヨリの葉桜蒸し」、梅雨前線届けてくれないかな~、せめて、香りだけでも・・・。

写真の品々で満喫することにします。

季節を味わうのですね(^^)

こんにちわです。
炊き合わせって初めて見ました。
普段出会わないお料理なので^^;
季節を味わう料理なのですね。
見ているだけで幸せな気持ちになりますね♪
また寄らせていただきます~ヽ( ̄▽ ̄)ノ

No title

こんにちは♪
コメ&訪問ありがとうございます(^^)

私は食べるのが大好きです!(よって今までの付けが溜まってダイエット中なぅ…(T_T))
食べる時に出された一品一品を見るのも好きです。
忘年会や新年会、必ず「懐石料理」を頼むのも見た目に伴う美味しさがたまらんからなんです(笑

懐石料理など、一品一品見ているとそれぞれの職人様のきもちが伝わってきますよね。夫君も同じ事言ってます(^^)
mikiさんのお店はお二人の気持ちがいっぱーいこもった料理なんでしょうね♪そちらに伺うのがとても楽しみです(^^)


大将!がんばれー!!
mikiさんも頑張ってね―!!

No title

あ!海からのお手紙のイトヨリさんだー。
目にも、味にも美味しいお手紙さんになったんですねー。ステキe-420
芸術品だなーって、大将様のお料理を見てると思います。

No title

これだけ手の込んだ料理を出されたら
好き嫌いの激しい僕でも食べられそうですね(笑)
本当にいい仕事をなさっていらっしゃいますね!

大阪、京都への弾丸ツアーご苦労様でした。
孝ちゃんと行っていた八坂神社や錦市場へも行かれたんですね。

いつか僕も行かなければ!

カズジィー様

ありがとうございます。

私は、本当に色々と料理のことを知らないのでひそかに本を読んだり、

辞書を引いたり、大将に聞いて勉強しています。

知ることで、世界が広がるのは面白いです。

写真を見て楽しんでいただけるように

写真の腕もあげるように頑張ります(*'▽')

もちょちょび様

ありがとうございます。

私も、嫁にきてお店を手伝うまでは知らない世界でした。

ひょっと外食にいっても流れるように頂いて一緒に食事した人と

楽しく過ごせることだけに集中していたと思います(笑)

どちらも楽しめたりできるのがいいなと今思います。

梅にゃん様

ありがとうございます。

職人さんが、準備を重ねて出てきている一品一品をいただくのは

楽しみです。大将は一人で仕込みから、何から何まで頑張っているので

私も応援団長でいたいと思います。

梅にゃんさんありがとうございます。

もじゃみ母様

ありがとうございます(*'▽')

海のお便りイトヨリさんを覚えてくださっていたのですね(笑)

嬉しいです!!

私もイトヨリさんが登場するとなんだか嬉しくなるんですよ(*'▽')

孝ちゃんのパパ様

ありがとうございます。

お客様の中で「苦手だったのが、スルッと体に入っていきました」と言われたり

「あれ?美味しい。」と苦手なものが大丈夫になった瞬間に出会ったことがあります。

どうかな?孝ちゃんのパパさんは(笑)

大阪に到着したとき、孝ちゃんのパパさんに会えたらよかったなと

頭をよぎりましたよ。(*'▽')

非公開コメント
My profile

Author : まえ川

季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の日記です。

アクセスカウント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR