05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

お造りに オードブルに 仕込みに

2015.09.14 23:22|お店のこと
DSC06004.jpg

9月に入りましたね。

といえば、食欲の

おいしいものがたくさんあります。

そして、皆様 集いの

お造り盛りも

賑わいです。


DSC06006.jpg

お店で、

オードブルをみんなで

ワイワイと楽しみながら、

夜長に繋がって。淡路島の夜はとても真っ暗なのですが(笑)

笑い声が響いて

灯りがともったような賑わいでした。

大勢の同級生の皆様ありがとうございました。

娘の成長も 、娘のちょっとした仕草にも拍手してくださったりと、

私たちのことを、見てくださっていることに

うれしくなります。

ありがとうございます(*'▽')


DSC05043.jpg

もちろん

大将仕込みもコツコツしています。

9月はおいしいものも沢山なので

大将張り切って仕込みも頑張っています。日々仕込みのものが違うやらで

紹介したいと思っている間に、次の料理、次の仕込みと

変わっていきブログが追いつかない嫁であります。


こちらは、「の煮びたし」です。

以前、幼の甘露煮を紹介しましたが、今回は煮びたしに。

の煮びたしは

DSC05045.jpg


を焼き、

6時間炊いていきます←コトコトコトコトコトコトコトコト(*'▽')

大将の同じ風景が繰り返されます。


DSC05050.jpg

6時間炊くのですが

これまた大将「あんまり 煮詰めすぎないように でも長く炊くんよ(*'▽')」と。

大きなもこの方法で

骨まで柔らかくいただけるように

もちろん美味しい味がたくさんでるようになるそうです。


の仕込みも

コツコツコツコツ

夜長に負けずに

仕込み長(なが)の秋の季節料理 まえ川なのでした。



季節料理 まえ川

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 料理 夜長

コメント

お久しぶりです

mikiさん(*^_^*)

お久しぶりです

お元気ですか~

いつも美味しそうで、いつも楽しそうで、いつもブログを訪問するたびに、思います。

楽しみと秋、期待しています。


秋!だんだんと気温も下がってきて、食べ物もおいしい!(笑)
鮎の煮びだし、6時間もコトコト炊くのですね!
すごいです。大将さんは休憩をする時間もないですね。

バル地方も夜は真っ暗です。バル地方はド田舎なので。
きっと淡路島の夜よりバル地方の夜の方が、暗くて、シーンとしてますよ(笑)

No title

並んでいる。並んでいる。「まえ川」仕込みの鮎たちが
あの手、この手で操られ、大将」自慢の皿の上
夜長の秋にうちとけて、心に浸みる季節料理

秋風に吹かれて届きました。ご馳走さまです。

はる様

おひさしぶりです。

ありがとうございます。

皆元気にしています。おいしいが伝わっているのかなと思うと

とてもうれしいです。

ありがとうございます。

バルはは様

いつもありがとうございます。

とっぷり秋ですね。

バルさんの散歩がいい感じになってきたころですね(笑)

大将地道に作業していますよ(笑)

火をつけていると離れることができませんよね。ホントに。

バル地方という言葉に、思わず笑ってしまいました。( *´艸`)

これから私もバル地方ということばを使いたいと思います(笑)

淡路島、きっといい勝負と思いますよー。

カズジィー様

いつも素敵な詩のメッセージありがとうございます。

いつも嬉しく読んでいます。

秋風にのせて届けることができて

嬉しいです。カズジィさんのところまで届くというのは

かなりのパワーですから(*'▽')

久々に立ち寄らせていただきました。
季節の変わるたびに、美味しそうな料理の便りが載せられていて、ほっこりと幸せな気持ちになります。
細やかに写真や文字を載せられるmikiさんはお店のため、お客さまのためとがんばっておいでのことと思っています。
涼しくなりましたね。ご自愛ください。失礼します。ではまた。

るー様

ありがとうございます。

お久しぶりです。

立ち寄っていただいてありがとうございます。

るーさんのメッセージから、どこか懐かしい感じがするのはなぜでしょうか。

見守っていただいているようなそんな気がしてきます。

料理の便りという表現とてもうれしくいただきました。

また、ふと立ち寄っていただけたら嬉しいです。


非公開コメント