10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

鮎の甘露煮

2015.06.14 15:27|お店のこと
DSC04875.jpg


「季節料理まえ川」 

季節を感じる食材。本日はで。

徳島産のを使用して、を焼き、

冷蔵庫で一日ねかして、身をしめていきます。

それから、ほうじ茶で一時間炊きやわらかくします。

その後、2時間。味つけをして煮詰めていきます。



DSC04885.jpg


既成の物は、たまり醤油を使って

甘辛く仕上げており、だいたい同じような味付けのものになるのですが、

大将は、

色・艶をよくするために

こいくち醤油と水あめで炊いていくそうです。


DSC04893.jpg


こうすることで、いい色艶がでることと

味がさっぱりした上に、の苦みが引き出されて美味しく仕上がると

教えてくれました。


お皿の上にのせられた

色艶ひかるは、こうした「おいしさを迎えにいく作業の連続」を経て

やってきています。



今回は、季節を感じる一皿の「の甘露煮」のお話でした。



季節料理 まえ川

-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:料理

コメント

鮎の季節

お久しぶりです。
前のブログにあるように、私もひっそりブログをチェックしていました。
といいながら、でおくれてしまいました。(笑)
娘さん、かわいらしいですね。
鮎の照り具合が絶妙ですね。料理の写真すごく綺麗に表現されてますね。
さすが大将!

No title

わ~ツヤピカで美味しそうですね。
早速美味しい作り方をφ(..)メモメモしました。

いつも塩焼きか、小さい物は天ぷらとか決まったものばかりで
今度、頑張って甘露煮作ってみようと思いますが
ほうじ茶が良いのですよね。(何か他に代用品があるかしら)

やはり美味しい物は手間ひまかけてじっくりとですね。

はるる様

ありがとうございます。

こんなに更新が少ないブログに・・きてくださって。

ありがとうございます。出遅れてなんかないですよー!

嬉しいコメントがあると、本当にありがたくて力がわいてきます!

大将に伝えておきます!

喜びますよ。料理の写真も大将が採りましたし二倍歓喜すると思います(笑)

betya様

ありがとうございます。

betyaさんならばっちりつくれそう!

詳しくはまたブログにお邪魔してお伝えします!!

大将に聞いてみますね。なるべく早めにします(*'▽')

No title

ほうじ茶でっ!私の中では新発想です!

大将さん、ほんとに一つ一つ手をかけて素晴らしいです!

私の人生の中で、鮎は塩焼きしか食べたことないです(笑)

水あめで煮た鮎、食べてみたいです❤


バルはは様

ありがとうございます。

ちょっとしたひと手間がよりおいしくなるためには

必要なことの一つかもしれませんね。

甘露煮も美味しいですよ!!!

鍵付きコメント様

ありがとうございます。

私も楽しみにしています。

形になることって特別ですよね。

またお伺いします!
非公開コメント