10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

杉玉作り職人

2015.02.12 17:54|お店のこと
DSC04550.jpg

まえ川では、大将が、これまた新しい手作りをしました。

杉玉」です。

大将は、「まえ川」を開店した当初から、「杉玉を飾りたいな」と思っていたそうです。

修行時代に出会った杉玉。、

嫁と一緒に行った京都でも「趣があって。杉玉いいなぁ。(*'▽')」と大将は言っていました。


“神代の昔、人々が祝って酒を飲み、歌い、踊り騒ぐ姿を見られた神は、

「そんなに楽しくなるものなら、お酒を飲んでみたい」と天上界から人間の世界に

降りようとされたそうです。

ですが、神であるがゆえに、人間が暮らす地上に降りることができず、

杉の梢でうらやましそうに眺めておられたそうです。

それを見た人々は、神の宿る所として杉玉を作りお酒を備えてあがめてきたとのこと。

杉玉が、緑から茶色に変わる頃美味しいお酒になったことから、

以来新種を仕込むたびに新たな杉玉を酒蔵に吊るすようになったとの話“。

それ以外にも

“「杉の木を介して天上界と地上界を往ったり来たり、神様はしている」”との言い伝えや

“「杉の木は神を請来するための依代として用いられた」”ことなど

日本で「杉」は特別なものとされてきたようです。


そのような杉の力をいただくこと

そしてお客様や道を通る方にも、四季の移り変りを感じていただけたらと

大将、杉玉を作りました。


DSC04551.jpg


大将、杉をいただくために

ダムまで、2度も往復して



大将と一緒に、私の亡くなった祖父の納屋へ行き

剪定ばさみを借り、黙々と作業。



亡くなったおじいさんの大切に使っていた道具を借りたこともあり

この杉玉作りを目を細めて見守ってくれていたのではないかなと

ふと思ったりしました。


大将「気分は、まるで植木屋さんだ(*'▽')」と言いながらも黙々と作業。

嫁と娘は

ちょこちょこ作成の様子を見るという形で応援(笑)









DSC04555.jpg

朝から夕方までかけて

完成いたしました。

あっという間に休みの日は過ぎていき

剪定ばさみも重たく、形を整えるのに格闘していたこともあり

大将、若干、筋肉痛ぎみ(笑)

ですが

「杉玉、買うたら、すごく高いんぞー(*'▽')。手作りできたー!」と嬉しそうでもありました。(笑)


DSC04556.jpg

お店に飾りました。


今は青々としております「杉玉」。

季節の流れとともに色が変化していくのが楽しみでもあります。




DSC04558.jpg


さっそく取り付けていると

「いいのできたね(*'▽')」や

「もうちょっと右。右。(*'▽')」など道を通る方が声をかけてくださるという一幕も。


そして、娘は杉玉を指差しし(最近指差しができるようになりました(*'▽'))

「おーーー!!おっ。おっ!」と反応していました。(笑)







いろいろな風景を季節をこれから一緒に

お店の前から杉玉も見てくれることと思います。







杉玉を手作りした「まえ川」の風景のお話でした。


-miki



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 杉玉 手作り

コメント

No title

こんばんは。

大将の料理に対する知識の深さにビックリします。
酒屋ではありますが、このような古事はまったく知りませんでした。
何かの機会に自慢げに話せそうです(笑)

そして、私服の大将、若い~!!!
眉が太い!
カッコいいです。

男の僕に言われても嬉しくないか~(笑)

No title

杉玉の由来はこういうことでしたか

酒屋さんでよく見かけますが、趣があっていいですね。

大将さんの手作り
見事に仕上がってお店の雰囲気によく合っていますv-425素敵!

孝ちゃんのパパ様

ありがとうございます。

大将に伝えたところ喜んでいました(笑)

孝ちゃんのパパさんは、酒屋さんなのでよくご存じがと

思っていましたよ(*'▽')

色々ないわれがあったりするそうですが

色々を知れて私もおもしろかったりしています。

betya様

ありがとうございます。

いろいろないわれがあるのですが

大将はこの話に「なるほど(*'▽')」と思って思い続けているようですよ。

だんだん色がすでに変わりつつあります杉玉です。

大将は、「もうちょっと密にしないといけなかったかな('Д')」と

呟いたりしていますよ(笑)

No title

こんばんは。
キャ~❤大将様のカッコいいこと!!ファンクラブ結成しちゃう!
いい杉玉ですね。mikiさんのおじい様の剪定鋏と大将様の腕でできた杉玉ですもんね、素晴らしいです。
子どもの頃から、酒屋さんに茶色になった大きな杉玉があるとね、つい見とれてしまってました。蜂の巣があるのかなあ…と思って母に尋ねたこと思い出しました。日本の昔からの言い伝えやお話って、とっても心ひかれます。
mikiお母さんがお嬢さんに、杉玉見ながらいろんなお話なさってるのを想像して心がホンワカです。
もうじき一歳になられますね♪ 寒い毎日、お風邪引かれてないかな?すくすく健やかに大きくなられるのを杉玉も見守ってくれますね。

もじゃみ母様

ありがとうございます。

大将嬉しそうにしてますよ(笑)

お酒をやめてぐんぐん体重が減っていますし(笑)

「蜂の巣」わかります!!私も大人になってからでもそう思ったりしていましたし。

色々な言い伝えなど知れたらまたブログにしますね。

娘一歳になりました(*'▽')

一年あっという間です。そしてもじゃみ母さまからの贈り物愛用しております。

そして覚えてくださっていてありがとうございます!!

鍵付きコメント様

ありがとうございます。

なんと覚えて下っていたのですね(*'▽')

びっくり!!嬉しいです。

鍵付きコメント様が無事で元気でいてくださることが一番です!!
非公開コメント