10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

6月の献立

2014.06.25 22:45|お店のこと
DSC04020.jpg


6月の松籟会席の献立を紹介します。


付き出し:白ナの炒めびたし 
            こんにゃく、人参、しめじ、薄揚げ、糸花


DSC04022.jpg


お吸い物:いわしのつみれ汁 
            貝割れ、酢だち、いわし


DSC04019.jpg


   前菜:青梅蜜煮 沢蟹の艶煮 丸十栂尾煮 木の葉生姜 稚鮎の南蛮漬け

       白瓜雷干し 自家製からすみと山芋の串打ち サザエの旨煮 タコの旨煮



DSC04025.jpg

  お造り:その日の四種盛り



DSC04026.jpg


焚き合せ:鯛の親子煮 
            ごぼう、鯛、鯛の子、スナップえんどう




DSC04031.jpg


   焼物:スズキのバター焼き カニ身寄せ 花蓮根 ごぼうの八幡巻き 水菜の煮びたし



DSC04033.jpg


   油物:賀茂なすの揚げ出し 
            賀茂なす 大根おろし 刻みねぎ 針海苔



DSC03955.jpg


DSC03956.jpg



  酢の物:鱧の湯引き 梅肉 黄酢

  



DSC04034.jpg


御食事:その日の握り




DSC03069.jpg


 デザート:自家製すだちのシャーベット




暑くなるにつれ甘いものと、お酢を使った料理が多くなってきました。

これは、夏の暑い時の食欲を引き出すのと、食中毒防止という

昔の人の知恵です。

季節の違いを感じていただけた嬉しいなと大将。



ちなみに、冬もお酢をつかった料理と、甘い料理が目立つようになるそうです。

これは、保存、正月作った料理をしばらく傷まないようにするための

昔の人の知恵からきたものだそうです。



日本には四季があって

四季それぞれが素敵でいいですね。

そのそれぞれを大将の料理で楽しんでいただけたら嬉しいなと思う嫁であります。





-miki



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 献立 6月

コメント

No title

6月の献立ですね。
いつもながら美味しそうなお料理ばかりで食べてみたいです。
青梅の蜜煮も前菜に登場ですね~
昔の人の知恵は食、住(他の事においても)
理にかなったものばかりで参考になります。
お酢の活用もなるほど納得ですv-390 


No title

こんばんは~


握りは マグロの赤身かな?

かつおより 明るい色だから。

お嬢も もう少し大きくなったら 大将さんのお料理食べれるね。

すごい味覚の持ち主になりそうで 今から楽しみ~

betya様

いつもありがとうございます。

青梅も綺麗色で登場です。

昔の人はすごい!と思いますね。

暮らしの中の気付きなどでみつけだしたものなのだろうなと

本当に感心します。

ラブママ様

いつもありがとうございます!

握りは、「ヨコワ」です。

お嬢は、私の料理もちゃんとたべてもらえるように

しないといけないなぁと(笑)

父ちゃんの料理しか食べないと言わないように教育しないとなぁ。

どんな子になるか

(*'▽')楽しみです。

六月のメニューもうそろそろ紹介されるかなと待ってました。まさにご馳走ですね。前菜いいなぁ!

はるる様

ありがとうございます!!

そろそろ・・と思ってくださって待っていてくださったとは!

とても嬉しいです。

前菜に注目してくださって

ありがとうございます!!
非公開コメント