05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

言い伝えから鯉

2014.03.14 12:58|お店のこと
DSC03789.jpg
大将、5日ぶりに我が子と嫁に会いにきました。



連日忙しくしており「今日もいけれへんわー((+_+))ごめんやでー。」と

短い電話の日々でした。


昨日やっとの定休日(といえども夜にご予約をいただいていたので仕込みや準備もあったようですが)。


大将以前から

「出産後にええ食べ物準備しておくけーな(^_^)/」と言ってくれておりました。


それが、その魚。




DSC03790.jpg

」です。

※ちゃんと大将が写真を撮っておいてくれていたので載せます。


DSC03791.jpg

をさばいて


DSC03793.jpg
を煮付けてくれました。

は古くから、

妊娠中や産後に女性が食すると良いとの言い伝えがあるそうです。

大将は「言い伝えで、産後、特にお乳がいっぱいでるって聞いたことがあるから」と

我が子と嫁のことを思って

魚屋さんにをお願いしてくれていたそうです。



DSC00395.jpg

実家にの煮つけを鍋ごともってきてくれた大将でした。


大将の思いが込められた煮つけを


我が子の分まで美味しくいただき


今日の鯉の料理の入ったお乳をしっかり子に贈りたいなと思う嫁でした。



さて大将、我が娘の顔を見ながら

「どうしよう・・自分に似てきとる((+_+))mikiさん似の方がいいのに。」

とつぶやいていました。





大将に似て心持の良い子になってほしいものです(笑)



-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:料理

コメント

はじめまして。

産後に鯉がいいと聞いたことがありますが、鯉を料理するのは難しそうというか、普通になかなかできないですよね。料理人の旦那様がうらやましく思いました。
うちの夫がもし、料理人でもしてくれないと思われます。

お優しい旦那様。いつまでもかわらずにいてあげてくださいね。

ホンリッツ様

はじめまして!

ありがとうございます。

産後に鯉がいいことを私はしりませんでした。

池に泳いでいる鯉をすぐに料理というのではなく

鯉もきれいな水に何日も泳がせておいての鯉だそうですし

どんな風に調理するのか私も想像がつかなかったので

料理人さんの旦那さんならではのことかもしれませんね。

大将にこのコメントを何度も読んでもらおうと思います!

かわらずにいてほしいですね(^_^)/

鍵付コメント様

ありがとうございます。

産後の嫁の調子は順調な回復のような気がしています。

心友が会いに来てくれたりしたので、がぜん元気が出たり

していますよ。

私の体のことを気遣ってくださってありがとうございます。
非公開コメント