12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

稚鮎の南蛮漬け

2013.08.28 23:15|お店のこと
DSC02387.jpg

お世話になっている鮮魚店さんから

「今、特別いいのがあるよ」(*'▽')と。



徳島からの稚です。


成魚は夏に蓼の酢で料理したりしますが、

は、秋に海にかえっていく落ちといって季節を表す食材だそうです。




余談ですが、

落ちは、スズキを釣る人にとって、

居てもったってもいられなくなるほど魅力的な魚だそうです。


大将も、足が治ったら、徳島の吉野川・那賀川で

スズキをルアーで釣るつもりでいます(笑)



DSC02395.jpg

大将は、「これはいい!!(*'▽')」と嬉しそうに

を料理していました。


「稚の南蛮漬け」です。


稚鮎は頭とはらわたがとても美味しいです。

まるごと美味しく味わっていただけます。

DSC02440.jpg

小さないのちにも感謝して

無駄なく食材を大切にしている大将です。


味わって美味しくきれいに食べるのがいのちへの感謝・供養になると大将は言っていました。


といいつつ


大将は小学生の頃、給食の鯨を残していたということで

「鯨さんごめんなさい('Д')」と心で謝りをいれているようです。




稚鮎の添えられた一皿。


秋を味わっていただける今だけの一皿です。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:

コメント

No title

mikiさん お疲れ様です。

稚鮎の南蛮漬けは初めてみました。

食べてみたい料理がありすぎて 定年したら いったい何日淡路島へ

滞在してしまうんでしょう。(笑)

そのときは お運びさんで まえ川にいて まかないで食べたいですが

歳も歳なので 人前に出ないトイレ掃除で働きます(笑)

今日もまた 美味しそうなお料理目で堪能しました。

ラブママ様

ありがとうございます。

稚鮎の南蛮漬けは、夏バテ気味の体に、気持ちがスッとして、体にもいい感じでした。

美味しいです(*'▽')

滞在(笑)は旦那さんが止めると思われます(笑)

その時がとてもとても楽しみです!!

No title

こんにちは。

鯵とか鮭とかの南蛮漬けは聞いたことがありますが
鮎の南蛮漬けは初めて聞きました。

例によって魚がちょっと弱いので
南蛮漬けは苦手です(笑)
でも、大将が出してくれたら絶対に食べるでしょうね!
目をつぶってでも(笑)

僕たちが小学校の時には鯨がよく出てきました。
あの臭いもダメ!(笑)
ほとんど残していました!

孝ちゃんのパパ様

コメントありがとうございます!

稚鮎の南蛮漬け、苦みがいいのですが、

孝ちゃんのパパさんは苦手かもしれませんね。

鯨を食べた記憶が私はないのですが、きっと食べているんだと(笑)

大将と同じ世代なので給食で出会ってるはずなのですが・・
非公開コメント