05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

鮎の甘露煮

2015.06.14 15:27|お店のこと
DSC04875.jpg


「季節料理まえ川」 

季節を感じる食材。本日はで。

徳島産のを使用して、を焼き、

冷蔵庫で一日ねかして、身をしめていきます。

それから、ほうじ茶で一時間炊きやわらかくします。

その後、2時間。味つけをして煮詰めていきます。



DSC04885.jpg


既成の物は、たまり醤油を使って

甘辛く仕上げており、だいたい同じような味付けのものになるのですが、

大将は、

色・艶をよくするために

こいくち醤油と水あめで炊いていくそうです。


DSC04893.jpg


こうすることで、いい色艶がでることと

味がさっぱりした上に、の苦みが引き出されて美味しく仕上がると

教えてくれました。


お皿の上にのせられた

色艶ひかるは、こうした「おいしさを迎えにいく作業の連続」を経て

やってきています。



今回は、季節を感じる一皿の「の甘露煮」のお話でした。



季節料理 まえ川

-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:料理

青梅の手仕事風景

2015.06.08 22:16|お店のこと
DSC04940.jpg

忙しくさせていただいてまして、

ゴールデンウィークから更新されていないというブログになっていました(;'∀')

ひっそりと更新を待ってくださっているとのお言葉もいただきまして、

ありがとうございます!!


梅の手仕事の季節です。

「季節料理 まえ川」も梅の手仕事をしました。


娘。積極的にお手伝いをしてくれました。

お手伝いになっているのか何になっているのか想像していただけるかなと思うのですが(笑)

DSC04941.jpg


青梅を洗う前の娘の作業は

並べて戻しての繰り返し。

何作業だったのか(笑)

嫁の頭の中では365歩のマーチが流れていました。('Д')




DSC04948.jpg






そして、娘。

どの脈絡で作業終了となったのか本人以外はわからないという感じでしたが

とても満足した「やりきった!!(*'▽')」という達成感で清々しい顔をしていました。



思えば


DSC04055.png

一年前には、まだまだ首のすわりが危なっかしい娘でした。

今年は、青梅の手作業風景にちょこんと参加できました。



DSC04951.jpg

娘からの青梅をうけ

大将がコツコツ手作業と仕込みを行いまして、

嫁は、綺麗な青梅色をお客様にお出しできますように(*'▽')と願うという

コンビネーションの「青梅の蜜煮作り」を終えました(笑)


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:青梅