01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

一歳になりました。

2015.02.23 00:11|お店のこと
DSC_0907.png

まえ川の看板娘。

先日、一歳になりました。

たくさんの方々から、贈り物、お祝い、メッセージをいただき

ありがとうございました。


皆様のあたたかい まなざしの中で

すくすくと成長しております。


大将。「娘。かわいいよ。(*'▽')。パルナスのCMこないかなぁ。」と

よく呟いているのを耳にします。

お菓子のパルナス。

関西では、有名な「パルナス。パルナス。モスクワのあじー。」というCM。



ですが、パルナスの会社、昔にすでに解散しています。

大将のつぶやきを聞くたび

「パルナス自体もうないし(笑)。可能性はないねぇ('Д')」と心の中で呟きかえしております。




娘。

一歳。

ただいま成長中。

パッとひとり立ち。最高記録。40秒程。

絵本がとても好きで、何度も何度も何度も何度も絵本を持ってきては催促したり

「あたま。おなか。」といわれたら手で押さえます。

絵本の「おなかのひえない ひるねのしかたは ワニにおしえてもらいました」のページで

お腹を押さえたり(笑)

「こんにちは」「ありがとう」「どうぞ」などなどで、ペコリと挨拶するようになったり

「ごっつんこ」で頭をごっちんこすることも

「ちぃちぃこっこーとまれー」と手のひらと人差し指でリズムをとったり

「しあわせなら手をたたこう」の歌に合わせてパチパチしたり

たくさんできることが増えました。


一年あっという間です。

これからの成長が楽しみです。




(*'▽')一歳の娘の姿を見たいとの拍手コメント様のリクエストに答えて

誕生日の娘の写真を載せました。

よろこんでいただけたでしょうか?(笑)






-miki



テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:誕生日

杉玉作り職人

2015.02.12 17:54|お店のこと
DSC04550.jpg

まえ川では、大将が、これまた新しい手作りをしました。

杉玉」です。

大将は、「まえ川」を開店した当初から、「杉玉を飾りたいな」と思っていたそうです。

修行時代に出会った杉玉。、

嫁と一緒に行った京都でも「趣があって。杉玉いいなぁ。(*'▽')」と大将は言っていました。


“神代の昔、人々が祝って酒を飲み、歌い、踊り騒ぐ姿を見られた神は、

「そんなに楽しくなるものなら、お酒を飲んでみたい」と天上界から人間の世界に

降りようとされたそうです。

ですが、神であるがゆえに、人間が暮らす地上に降りることができず、

杉の梢でうらやましそうに眺めておられたそうです。

それを見た人々は、神の宿る所として杉玉を作りお酒を備えてあがめてきたとのこと。

杉玉が、緑から茶色に変わる頃美味しいお酒になったことから、

以来新種を仕込むたびに新たな杉玉を酒蔵に吊るすようになったとの話“。

それ以外にも

“「杉の木を介して天上界と地上界を往ったり来たり、神様はしている」”との言い伝えや

“「杉の木は神を請来するための依代として用いられた」”ことなど

日本で「杉」は特別なものとされてきたようです。


そのような杉の力をいただくこと

そしてお客様や道を通る方にも、四季の移り変りを感じていただけたらと

大将、杉玉を作りました。


DSC04551.jpg


大将、杉をいただくために

ダムまで、2度も往復して



大将と一緒に、私の亡くなった祖父の納屋へ行き

剪定ばさみを借り、黙々と作業。



亡くなったおじいさんの大切に使っていた道具を借りたこともあり

この杉玉作りを目を細めて見守ってくれていたのではないかなと

ふと思ったりしました。


大将「気分は、まるで植木屋さんだ(*'▽')」と言いながらも黙々と作業。

嫁と娘は

ちょこちょこ作成の様子を見るという形で応援(笑)









DSC04555.jpg

朝から夕方までかけて

完成いたしました。

あっという間に休みの日は過ぎていき

剪定ばさみも重たく、形を整えるのに格闘していたこともあり

大将、若干、筋肉痛ぎみ(笑)

ですが

「杉玉、買うたら、すごく高いんぞー(*'▽')。手作りできたー!」と嬉しそうでもありました。(笑)


DSC04556.jpg

お店に飾りました。


今は青々としております「杉玉」。

季節の流れとともに色が変化していくのが楽しみでもあります。




DSC04558.jpg


さっそく取り付けていると

「いいのできたね(*'▽')」や

「もうちょっと右。右。(*'▽')」など道を通る方が声をかけてくださるという一幕も。


そして、娘は杉玉を指差しし(最近指差しができるようになりました(*'▽'))

「おーーー!!おっ。おっ!」と反応していました。(笑)







いろいろな風景を季節をこれから一緒に

お店の前から杉玉も見てくれることと思います。







杉玉を手作りした「まえ川」の風景のお話でした。


-miki



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 杉玉 手作り

あったかい

2015.02.07 23:58|お店のこと
DSC04514.jpg

今回紹介いたします、まえ川のお吸い物。

白玉団子のお吸い物」。


この白玉団子の柔らかさが、



あったかくて


「ほんわりふわりの とろりんこ」



といった感じです。

伝わるでしょうか(笑)


白玉団子は、水餅のような感じになるように作り上げています。




そして

白玉団子のお吸い物の風景に

またもや

温かいを発見!


大将、

白玉団子のお吸い物を器にいれた後

白玉団子が「ほんわりふわりの とろりんこ」の柔らかさなので

器の底にくっついてしまわないように

手早くすっと、白玉団子をすくいあげていました。

お客様に食べていただきやすくとのことでした。



白玉団子がまるで、ちょちょいと頭を撫でてもらっているようにも見えます。


いまから召し上がっていただくお客様を想う大将の

ちょっとした気配りを一緒に

あたたかい いい香りの湯気を器の蓋でとじこめて


お客さんに届けています。



まえ川の今度の御吸い物は

「牡蠣真丈のお吸い物」です。

こちらも、体にしみこんでいく温かさと美味しさです。


寒い冬に、温まるお吸い物。

お楽しみください。


-miki




テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:白玉団子

節分

2015.02.03 22:27|お店のこと
DSC04563.jpg

は外。福は内。」

まえ川のお店でも節分、豆まきをしました。

お店の棚のディスプレイもさんです。

娘はこの、青さんの掌にのっている、ちいさな赤さんが気になる様子で

見ると指差しして、「おっ!おー(*'▽')」と何やら言っています。



豆まきというより「まめ落とし」の娘でしたが(笑)

福は内。「御縁を結んでくださっている皆様に福は内」の気持ちを込めて

豆まきをしました。





この青さん、去年からのお付き合いなのですが、

昨年の青さんを撮った写真を見てくださった方から

「鬼の写真使わせていただけますか?」と、

どのような内容でどのように使用したいかと、とても丁寧なご連絡をいただきまして

他の方も興味を持ってくださるようにと、淡路島のまえ川からの画像と紹介してくださるという

素敵な出来事がありました。




鬼は外。福は内。

この鬼さん、素敵な縁を持って、笑って帰ってきたみたいな(*'▽')

不思議な鬼さんです。






さて、写真にある豆のことですが、

「あれ?豆、山盛りだったのに減ってない??('Д')」と

いつもお世話になっている方が気付かれまして

「えっ!!(?_?)私一粒しかつまみ食いしてないけど。なんでだろう??」と言っていると

大将。「あっ。食べたよ。(*'▽')」と

いつから減っていたのでしょうか(笑)



「鬼は外。福は内。豆は中。」と頭の中で思った嫁でありました。



今年も健康で

福が、皆様にもたくさん訪れてきますように。(*'▽')





-miki


テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:ブログ

タグ:お店 節分