05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

6月の献立

2014.06.25 22:45|お店のこと
DSC04020.jpg


6月の松籟会席の献立を紹介します。


付き出し:白ナの炒めびたし 
            こんにゃく、人参、しめじ、薄揚げ、糸花


DSC04022.jpg


お吸い物:いわしのつみれ汁 
            貝割れ、酢だち、いわし


DSC04019.jpg


   前菜:青梅蜜煮 沢蟹の艶煮 丸十栂尾煮 木の葉生姜 稚鮎の南蛮漬け

       白瓜雷干し 自家製からすみと山芋の串打ち サザエの旨煮 タコの旨煮



DSC04025.jpg

  お造り:その日の四種盛り



DSC04026.jpg


焚き合せ:鯛の親子煮 
            ごぼう、鯛、鯛の子、スナップえんどう




DSC04031.jpg


   焼物:スズキのバター焼き カニ身寄せ 花蓮根 ごぼうの八幡巻き 水菜の煮びたし



DSC04033.jpg


   油物:賀茂なすの揚げ出し 
            賀茂なす 大根おろし 刻みねぎ 針海苔



DSC03955.jpg


DSC03956.jpg



  酢の物:鱧の湯引き 梅肉 黄酢

  



DSC04034.jpg


御食事:その日の握り




DSC03069.jpg


 デザート:自家製すだちのシャーベット




暑くなるにつれ甘いものと、お酢を使った料理が多くなってきました。

これは、夏の暑い時の食欲を引き出すのと、食中毒防止という

昔の人の知恵です。

季節の違いを感じていただけた嬉しいなと大将。



ちなみに、冬もお酢をつかった料理と、甘い料理が目立つようになるそうです。

これは、保存、正月作った料理をしばらく傷まないようにするための

昔の人の知恵からきたものだそうです。



日本には四季があって

四季それぞれが素敵でいいですね。

そのそれぞれを大将の料理で楽しんでいただけたら嬉しいなと思う嫁であります。





-miki



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 献立 6月

看板娘への道

2014.06.22 22:36|お店のこと
DSC04016.png

連日、大将のお友達・同級生・先輩の方々が

お店に来てくださって笑い声がたくさんでした。



お友達さんが「の顔をみたいー!(*'▽')」と言ってくださって(笑)

抱っこしてもらったりしました。

「(妹さんの子どもさん)赤ちゃんの頃も抱っこしてないんよー」と言われていましたが

うちの。ぬけがけして(笑)抱っこしてもらいました!!


それなのに。眠たい眠たい時だったので

泣いてしまいました('Д')



今度はニコニコ笑顔のタイミングだったらいいな(*'▽')

さすがに、夕方~夜時間は難しいかな(;'∀')



。おかげさまで、4か月になりました。




お客様にも「さんの写真をもっと載せてみせてー」と

リクエストされたこともあり



本日は、

「看板の道のり~泣き顔編~」の写真のブログになりました。

ジタバタしながらの娘の泣き姿。ブレてしまいましたが、

いかがでしょうか(笑)

-miki



テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:お店

ほっこり笑顔を運ぶ沢蟹の艶煮

2014.06.19 22:03|お店のこと
DSC03939.jpg

お昼や夕方の最初の方など、

お店の手伝いを少しだけですがしていると

大将のお料理に歓声をあげてくださるお客様がいらっしゃいます。


特にこの沢蟹さんが

ダントツのほっこり笑顔を運んでくれています(*'▽')。


DSC03940.jpg

大将、この沢蟹で「沢蟹の艶煮」を作ります。

沢蟹の状態を一つ一つ確認した後に

お鍋に沢蟹をひっくり返して並べていました。

こういった小さな段取りも大切。

みんなひっくりかえっています。

こういう風景、作り手だけしか見えないのだなぁと

大将の横から見る嫁。






DSC03943.jpg

この沢蟹の艶煮はまるごとパクッと召し上がっていただけます。

お客様は、「うわ。小さい。」

「かわいい!(*'▽')」や「こっちの蟹さん大きいね(*'▽')」とお皿にのっている

沢蟹比べをされたりして

笑いが起きたり。



小さなお子様とお見えになられたご家族の方で

小さなお子様が沢蟹に興味深々の様子の時に

「この蟹さん生きているよ(*‘∀‘)。パクッてされるよー」と脅かして


「ハッ('Д')・・!!!」と


恐れおののいているお子様の様子に笑いが起きたり。


今日はいろいろな、

ほっこりや笑顔を運んでくれる「沢蟹の艶煮」のお話でした。



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 料理 沢蟹

娘のお食い初め

2014.06.17 22:01|お店のこと
DSC01395.jpg
6月初旬。

娘のお食い初めを「まえ川」でしました。

思えば、嫁に来て、「まえ川」でお食い初めをされたお客様の様子をみて

とても素敵な時間で

とてもしあわせな空気に包まれて

こちらまで心があたたかくなったことや

いつか我が子ができたらお食い初め

大将の料理で・・・と実は憧れていました。




DSC01414.jpg



宝楽焼きもとてもいい香りで

とても美味しくいただきました。



DSC01411.jpg

この日までに大将は

娘に「父さんは、やる時はやるというところ見ておくんぞー(*'▽')」と頭をなでながら

話しかけを何度もしていました(笑)


通常、

年長者が、お食い初めの膳の料理

赤ちゃんの口につけたりするのですが、

大将はなぜか今回その説明をせずに、お膳の説明だけしたので

後を追って、こっそり尋ねに行くと

「みんなでしてもらったらいいんじゃないかなと思って(*'▽')」と。




私のおばあちゃん。娘からみたらひいおばあさんが

娘の生まれるすぐ前に亡くなったので

お食い初めのお膳、してもらいたかったなぁ・・・」と

なんども思っては残念がっていた私の姿をみて

大将、いろいろ考えて「みんなで」と提案をしてくれました。



お膳のお料理ひとつひとつと

家族でひとつひとつ娘へと食べさせるまねをしていきました。

お食い初めの日にお店を手伝ってくれて、娘を可愛がってくれるUさんにも

お願いして食べさせる真似もしてもらいました。





実家の父が、お食い初めの梅干しを娘にちょこっと舐めさせ

初めての「すっぱい」を体験することになり

なんともいえない顔になったりして(笑)






とにかく皆笑顔だったお食い初め。



天国のひいおばあちゃんに娘を見せたかったと思うと今も涙がでる私ですが、

このお食い初めの、ひ孫と家族の様子を見て

「なんちゃー言うことないわー。 ほん、しあわせで言うことないわ(*'▽')」と

言ってくれているかなと思いました。




少し変わったお食い初めだったかもしれませんが

いいお食い初めができました。





-miki


テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:お食い初め お店 料理

今年も青梅の季節となりました。

2014.06.10 22:15|お店のこと
DSC03974.jpg
今年もこの季節がやってきました。

青梅の蜜煮」です!!!(*'▽')

今年は、大将と私、お店のお手伝いさん総出で

青梅をしこみました。

針うちは毎年、本当に手間のいる作業です。

皆さんのおかげで、手間のかかる仕事もこなせることができました。



DSC03978.jpg

DSC03980.jpg

DSC03984.jpg

DSC03986.jpg

DSC04014.jpg


大将は、去年の青梅の仕上がりよりも

さらに上、さらに上の仕上がりとなるようにと


今年はこのような仕上がりとなりました!!


これが職人の青梅の蜜煮です。

今この色を出す方法を知っている職人は少ないそうです。



この梅の蜜煮、梅の甘露煮、梅ジュースなどの料理

ワイン煮やしそ風味など赤紫色に仕上げる職人さんもいるようですが

やはり、青梅はこのグリーン色を出してこそ

青梅が活かされて

職人の技も、修行経験もだせるみたいです。




実際に、大将の修行先でも

なかなか鮮やかなグリーン色がでなかったそうです。(*'▽')


今回の鮮やかな色がでた青梅の蜜煮の作りかたは

いくら気のいい大将でも教えられないみたいです。(;'∀')

そうでないと、今回教えてくれた先輩に顔向けができなくなってしまうとのことです。






今年は去年より更に綺麗な色がでた青梅の蜜煮。

食前酒に小付けのジュレ掛け

色々と楽しんでいただく予定です。









-miki



そして、いつの間にか過ぎ去っていった5月の献立、

今月の6月の献立を近々紹介させていただきます!!

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:青梅 料理 お店

沖さんのかまぼこ!!

2014.06.06 11:46|淡路島のこと
DSC01041.jpg

淡路島に来て

右をむいても、左をみても、

おいしいものがたくさんある!!と思ったことを思い出します。

そのひとつに、沖さんの蒲鉾があります。


私が好きなものを、

遠く離れても応援してくれている元上司・先輩・同僚・友人・後輩・心友にも

味わってもらいたい!!と思ったら

思いつくのが沖さんのかまぼこでもあります。(*'▽')



そして

練物屋さんのおねえさんの筆文字も素敵で(*'▽')

練物屋さんのお店の中にみつけちゃったのです。
 とても可愛い素敵な筆文字で書かれたのしを(*'▽')

すかさず、

贈り物の際に

「おねえさんの文字でのし、書いてもらえますかー!!!(*'▽')」と何度もお願いしたり。




DSC01024.jpg

ややこしいお願いもさわやかに対応してくださる奥さんも素敵で

そして

鯛のかまぼこ!!「おめで鯛」をいただきました!!

大きいめで鯛と娘の写真を撮りました(笑)

沢山このめで鯛かまぼこと写真を撮り、

巻き込まれた大将は「いくらなんでも、もうそんだけ撮ったらいいんじゃない?(苦笑)(;'∀')」と

言うほど撮りました。

このめで鯛さんの大きさを表現したい!!と一生懸命になっていました(笑)


DSC01036.jpg

私の友人や後輩も子どもさんと一緒に、このめで鯛と写真をとったとのことで

写メを送ってくれて(笑)←やっぱり撮りたくなるでしょー(*'▽')とニヤニヤする嫁。



かまぼこ美味しくて、そして素敵な写真まで撮れて

おいしさ2倍!!!


昨日、沖さんにお会いできたので

鯛のかまぼこと娘の写真をブログに載たいですーとお願いして快諾いただいて

載せました(*'▽')


沢山撮った写真の中からどれを載せようかと熟考しました(笑)


美味しい可愛いかまぼこ

嫁がどれだけテンションがあがっていたか想像していただけることと思います。


美味しいですよー!沖さんのかまぼこ(*'▽')。

練物屋さんにいったらいろんな揚天も蒲鉾もあり

いろいろな練物に出会えますよ。





ホームページはこちら→沖蒲鉾


-miki



テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 練物屋 かまぼこ