02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

お祝いの一皿の世界より

2014.03.27 10:30|お店のこと
DSC03806.jpg

お客様さまより、


コース料理の他に「お祝いの一品を!」とのご要望に応えて。






鯛は「めでたい」


より大根・よりビーツは「紅白」。

白は清純。赤は、邪気を払うといわれます。


バイ貝(巻貝)の代わりでサザエ。l「しあわせが倍になる」。



タコは「多幸」。


鴨ロースは、鴨は一夫一妻であり「いつまでも仲良くできるように」。



紅白かまぼこは、

昔の昔、内陸の人は鯛が手に入らないかわりに、

紅白のかまぼこでお祝いをしたということで。



海老は「腰が曲がるまで、長生き」。

海老の赤い色は魔除け。



それぞれお祝いや縁起のいいことの意味合いがあると大将。




DSC03808.jpg

逆に、お祝いのお料理に、

これは控えるようにしたほうがいいというものもあるそうです。


例えば、

蟹。「蟹の横這い」と言って、進展がないということといわれたり

アワビは「磯のアワビの片思い」というためにいれないそうです。

年魚といわれる、イカや鮎なども一年の短い命などで控えるそうです。


添える葉なども、楓、紅葉をさけて、松や竹など「松竹梅」にちなんで使うそうです。



大将が教えてくれたことで


ひとつひとつ

色々ないわれや背景が、あることを知り

季節や、人々の願いは

時代を越えても、かわらないところがあることや


日本という文化の味わいなどを感じました。



こういうことを知っていると、またひとつ世界がふえて見えてくるようです。






お祝いの一皿から見える世界のお話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お祝い 料理

今年のクリスマスローズ

2014.03.26 10:29|お店のこと
DSC03819.jpg

まえ川のお店の小さな植込みに

今年もクリスマスローズが満開です。



ひっそりおじぎをしているような姿。


大将の「いらっしゃいませー!」

「ありがとうございました!」のよく通る声の傍らで


まるで、


いっしょにお客さまをお出迎えしたり、お見送りをしているようです。




-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:クリスマスローズ お店

武田久美子さん

2014.03.23 15:49|お店のこと
DSC03750.jpg


のはじめの、ある日のこと。

大将。

料理に使う菜の花を手にしたそうな。


そこに、

菜の花の生産者の欄に発見!!^_^



「武田 久美子」さん。

思わず写真を撮ったとのこと(笑)



大将は、貝殻の水着の武田久美子さんを想像したそうです。

そして嫁、「オモシロイ(^O^)!」と爆笑。(笑)



これからは、大将。

菜の花を見ると「武田久美子さん」を想像しだすのではないかと思う嫁でありました。(笑)



このブログを読んでくださった方の中にも、

八百屋さんなどで菜の花を見つけた時に

生産者のシールを思わず見てしまう方がいるのではないかなと

想像したりするニヤリ顔の嫁です(笑) 




のはじめのある日の

厨房での大将と

菜の花と武田久美子さんのお話でした。




-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:菜の花 料理

弥生の献立

2014.03.17 18:55|お店のこと
DSC03774.jpg




「まえ川」3月の松籟会席の献立のご紹介をいたします。



先付:エイの煮凍り


  以前、エイの風景をいろいろご紹介しました。今回はエイの煮凝り。

  私が出産直前の時に、エイの煮凝りをお客様にお出ししに行った際に

  「えっ!!エイ??珍しい!(^_^)/」と喜んでいただいたのが目に焼き付いています。

  美味しいです。お話とお料理がすすみます(^_^)


DSC03777.jpg



吸物:蛤とうるいの吸物 魚そうめん 柚子





DSC03761.jpg

前菜:花蓮根 
   スルメの沖漬
   プチトマトの蜜煮
   公魚南蛮漬
   菜の花
   竹の子ふくめ煮
   サザエ旨煮
   こんにゃくピリ辛煮
   たこの旨煮



DSC03721.jpg

造り:その日の四種盛り


焚合わせ:スズキの桜蒸し 桜麩 わらび 桜の葉 山葵あんかけ


DSC03754.jpg



焼物:サーモン照焼

油物:竹の子天麩羅 茄子 海老 竹の子

酢の物:貝桂 酢味噌掛け

お食事:野菜雑炊

DSC03729.jpg


デザート:自家製抹茶のアイスクリーム




※お料理の内容は、日によって変更するものもあります。





こうやって、お料理のメニューを見ていると

色合い、素材と、だいぶ春めいてきたなと思うと

ちょっぴりワクワクする気持ちになってきますね。



以前「まえ川」で花が散る㋅ぐらいに「葉桜蒸し」に出会いましたが、

今年は桜蒸し。

ほんのりピンクに色づけされ今の時期にぴったりです。






春の季節をお食事のひとときにも

味わっていただけたら嬉しいなと思って

大将も、新しい春に心を込めて料理をしているとのことです。


3月・弥生のコースメニューの風景をお届けしました。








-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:弥生

言い伝えから鯉

2014.03.14 12:58|お店のこと
DSC03789.jpg
大将、5日ぶりに我が子と嫁に会いにきました。



連日忙しくしており「今日もいけれへんわー((+_+))ごめんやでー。」と

短い電話の日々でした。


昨日やっとの定休日(といえども夜にご予約をいただいていたので仕込みや準備もあったようですが)。


大将以前から

「出産後にええ食べ物準備しておくけーな(^_^)/」と言ってくれておりました。


それが、その魚。




DSC03790.jpg

」です。

※ちゃんと大将が写真を撮っておいてくれていたので載せます。


DSC03791.jpg

をさばいて


DSC03793.jpg
を煮付けてくれました。

は古くから、

妊娠中や産後に女性が食すると良いとの言い伝えがあるそうです。

大将は「言い伝えで、産後、特にお乳がいっぱいでるって聞いたことがあるから」と

我が子と嫁のことを思って

魚屋さんにをお願いしてくれていたそうです。



DSC00395.jpg

実家にの煮つけを鍋ごともってきてくれた大将でした。


大将の思いが込められた煮つけを


我が子の分まで美味しくいただき


今日の鯉の料理の入ったお乳をしっかり子に贈りたいなと思う嫁でした。



さて大将、我が娘の顔を見ながら

「どうしよう・・自分に似てきとる((+_+))mikiさん似の方がいいのに。」

とつぶやいていました。





大将に似て心持の良い子になってほしいものです(笑)



-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:料理

ありがとうございます。

2014.03.08 18:08|心の学び舎
DSC00325.jpg


本当にたくさんの「おめでとう」のお言葉をいただいて



皆様からの

あたたかい言葉や

まなざしに

心があたたかくなっています。

本当にありがとうございます。






とても可愛いメッセージカードをいただきました。



(写真をパチリ撮りました。メッセージカードの可愛さが伝わるでしょうか?

 嫁、「ごっつい可愛いー!!!(^_^)」といろんな場所において眺めています。)




「たくさん夢みて 笑顔いっぱい しあわせでありますように」と


メッセージが添えられています。



そして、嫁も



とても素敵なメッセージに便乗させていただこうと思います。




贈ってくださった方、

皆様に

たくさん夢みて 笑顔いっぱい しあわせでありますように

私からも

願わせてください。




本当に、たくさんの「おめでとう」を、ありがとうございます。


心から感謝を込めて



-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:感謝

ふぐふくふくふく。福来たる。

2014.03.05 17:06|お店のこと
DSC03674.jpg

ふく ふく ふく ふぐ


ふぐ ふぐ ふぐ ふく。


なぜかフグをみると

こんな風に、つぶやきたくなるのは 嫁だけでしょうか?


以前山口の友人の実家に遊びに行ったとき

友人のお父さんが、「こっちではフグのことを「ふく(福)」って言うんだ」と

教えてくれて、フグをごちそうしていただいたことがあり、

それからフグをみると「ふく」って呼びたくなるのかな

なんて思ったりします。


淡路島の三年とらふぐ有名になりました。

漁業関係者さま、素材の賜物です。

そしてそのふぐを心をこめて大将調理しています。



「3月いっぱい、楽しんでもらえるかな(^_^)。」と大将。話しております。


3月。春が近づいてきたなと思ったら

あっという間に桜の季節になりそうです。

フグを楽しみたい方は、今のうちにどうぞ!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大将、ここのところ季節の変わり目でもあって

仕込み、メニュー替えもあいまって忙しそうです。

娘に会いにくるのもやっとのことで、来てくれたと思ったら

娘・・・熟睡。(p_-)

ちょこっと起こそうとすると大将「背が伸びなくなるから、起こすな^_^;」と(笑)

寝顔を見て、

それから仕込みの風景の写真などをみせてくれます。

面白いお店の風景や珍しい料理・仕込みの様子は見ていてあきません。

大将の撮った写真と話をもとに

ぼつぼつ、ブログをアップしますので

また見にきていただけると嬉しいです。




鍵つきコメントや鍵つき拍手などにメッセージやメールをくださって

娘の話を聞かせてくださいなという皆様。

娘誕生のブログの内容に49拍手を贈ってくださった皆様へ。

(49拍手って初めてでとてもびっくり驚きと、ありがとうの気持ちでいっぱいです!)





今の娘のお話をちょこっと(笑)

娘はよくよくよく寝ています(笑)

おなかがすいたら、「うわあー・うわ あー!!!!!」大泣きです。

血管が切れるんじゃないかと思うほど一生懸命大泣きし、

満足したら、ウトウトして熟睡(笑)

くりかえしております。(^_^)


元気にすくすく大きくなってきてます。


そんな中、


大将が娘に会いにくる時間より

大将のお母さんとおねえちゃんが会いにきてくれる時間のほうが多いという感じで(笑)


大将、娘に顔を覚えてもらえるかが今後の課題になりそうです(笑)



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:ふぐ 淡路島 料理 お店