01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

如月・弥生初旬の献立

2014.02.28 11:59|お店のこと
淡路島、今日は「春隣」を感じる、暖かい日和。



「まえ川」2月の松籟コースの献立をご紹介いたします。


突き出し:鶏とクラゲの胡麻酢和え


DSC03716.jpg

  前菜:芽キャベツ・サザエの旨煮・花蓮根・海老のしば煮・茶ぶりナマコ

     焼き栗・鰯の有馬煮・サーモンと酢かぶらの紅白包み


  吸物:うるいとイトヨリのお吸い物


  造り:その日の四種盛り

DSC03721.jpg

こちらの四種盛りは、鯛、ヨコワ、太刀魚、サヨリです。

その日によって内容が変わります。

 
 
 焚き合わせ変り:豆乳鍋  白菜、白葱、水菜、葛きり、ホタテ、サーモン、豚ロース


DSC03717.jpg

 焼物:鰆の若狭焼・もずく・カニ身寄せ・鯛の子・コンニャクピリ辛煮、くわいせんべい


以前紹介した栗チップスから「くわいせんべい」に。

これも大将地道にスライスして、天日干し。嫁味見(笑)




DSC03617.jpg

 油物:スズキの揚げ出し 豆腐 スズキ 青唐 椎茸 茄子

さっぱりとしておいしいです!嫁談(^_-)



DSC03508.jpg

 酢の物:白子の茶わん蒸し



DSC03710.jpg

 ご飯もの:寿司

      (今日の寿司は、お客様のご要望のもので3種ものです)

DSC03729.jpg
 

デザート:大将の自家製抹茶のアイスクリーム

     (今度、シャーベットとアイスクリームの違いについて語りたいと(笑)

      大将が申しておりますので、また紹介させてくださいね)




出産前日に、8割下書きしていたこの献立

2月は今日まで。

早いものですね。このメニューは2月から、

3月上旬くらいに少しづつメニュー替えをしていくそうです。


大将、仕込みに・お店に、我が子の様子を見に、

手続きや、嫁が家から持ってきてほしいものを頼んだりと

大忙しです。(笑)


それでもがんばっておりますので、

大将・お店「まえ川」ともどもよろしくお願いいたします。






-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 献立 お店

無事出産しました!

2014.02.25 12:31|心の学び舎
NEC_1058.jpg

ご報告いたします。


無事出産しました。

元気な女の子です。




皆様に「えっ!まだお店手伝っているの!?(゜o゜)もうやめときー」や

「無理しないで。」などなど、ご心配や気遣ってくださるお言葉や

メール、ブログで鍵付きコメントをくださったり、

お便りをいただきながら、この日を迎えることができました。



私も入院前日までお店のことをしているという妊婦生活は考えていなかったのですが(笑)

安産で、私も元気です。




私自身も、陣痛時、出産

痛いと思うことより、



「赤ちゃんも大冒険で一生懸命がんばってくれているから、一緒にがんばる!」



「(痛い痛いというと赤ちゃんが気を使ったり、遠慮したら困ると思って)
 

 こっちは、大丈夫。大丈夫。」と言うようにしていました。



陣痛が来るたびに、

赤ちゃんからの「今からそちらに行きますよの切符」が一枚一枚そのたびに届けられてくるような

そんな風に思いながら

そんな風景を思い描きながら

出産しました。





この同じ2月に、赤ちゃんの誕生をそれはもう沢山楽しみにして、

毎日を過ごし、

大将と会いに行くと喜んでは、

検診での赤ちゃんの成長報告にも、


おなかを毎回擦っては嬉しそうにしていた私の祖母が亡くなりました。


ひ孫に出会わせてあげれなかったことが

とても残念でしたが、




陣痛室・分娩室に、祖母の元気な姿と

祖母と一番最後に一緒に撮った写真「戌の日」の写真を

持って入らせてもらいました。



主治医・助産師さんはじめ医療スタッフの皆さんが

「おばあちゃんの立会い出産やー。」

「ちゃんと居てくれているよー。」

「しっかり見守ってもらっているから大丈夫」などと声をかけてくださいました。


スタッフの皆さんの応援がとても嬉しかったし、

祖母も本当に見守ってくれていたのだと思えたりして

幸せなお産ができました。





近くから、遠くから

出産を見守ってくださった皆様。


本当にありがとうございました。



大将と嫁。ゆっくりゆっくり父と母になっていきます。

これからもよろしくお願いいたします。








-miki


追伸:

しばらく嫁は不在ですが、「まえ川」は大将が通常通り

はりきって、心を込めて営業しております。

よろしくお願いいたします。



まえ川

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:出産

エイヒレがそよぐ風景

2014.02.16 16:49|お店のこと
DSC03601.jpg

まえ川の、ちょっと面白い、のどかな風景のご紹介。


エイヒレを干している風景。


青空に映えるエイヒレ(*'▽')。


DSC03608.jpg

お店のレジ前に移動されたエイヒレ。


DSC03621.jpg

またまた移動(笑)

カウンターにぶら下がるエイヒレ。



大将に、エイヒレを干すのに、結局どこが一番いい場所か聞くと


「おらの熱気のところが一番なんだなぁ(*'▽')」と言って笑っていました。



嫁「・・・はっ?(;'∀')ふーん。そうなんだ。」




大将色々試しながら、色々楽しそうです(笑)



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:エイ お店

手作りのおじゃこさん

2014.02.14 16:39|お店のこと
DSC03588.jpg

まえ川のお店では、実は大将、「じゃこ」も手作りしています。



市販のものは、どうしても

田作りのように飴状で固く甘いものが多いため



大将は、「パラパラ・サラサラ」したものを

ふわっと軽やかに食べていただける「じゃこ」を

お出ししたくて

手作りをしているとのことです。(*'▽')



コースの雑炊と一緒に楽しんでいただくことが多いのですが、


この「じゃこ」が美味しい!と常連さんで

じゃこご飯にして!(*'▽')」とご希望されることもあります。


その際は、大葉・じゃこ・ごまで「じゃこご飯」をしています。





お客様の中には、大将の手作りの「じゃこ」とは知らない方も

いらっしゃると思いますが

実は、大将愛情込めて

「じゃこさん」も作っているのでした。(*'▽')



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日ブログのアクセス数が、累計4万超えになりました!!

皆様に見ていただいて

あたたかい言葉や、心を配っていただいて

有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。


ありがとうございます(*'▽')

今後とも、よろしくお願いいたします!


まえ川


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:お店 じゃこ

ぼんぼりと金屏風

2014.02.13 18:57|お店のこと
DSC03696.jpg

本日定休日。

大将はやっと髪の毛を三か月ぶりにきりにいくことができました。

お店もとても充実した内容で、自分の事は後回しになっていた大将

すっきりした髪形になりました。


大将も友達のところでカットしてもらい

「さすがやなぁ(*'▽')修行してきているだけあるわー。」

「ちょっと、かしこくみえん?(*'▽')」とさっぱりして気分よさそうでした。


お昼から嫁を洲本にへと大将連れて行ってくれて

その後徳島へ。


お店の買出しと小物などを一緒に見に行きました。



お雛様

金屏風とぼんぼりが添えられました(*'▽')!!

「どっちのぼんぼりがいいかな?」

「こっちかな?」

「安定がどうかなぁ?」

「両面テープでくっつける?」など

ふたりでいろいろ吟味しながら選んできました。




帰って来てすぐ、さっそく大将ごっつい手で、ちいさなぼんぼりを両面テープで

固定の作業をしていました(笑)←お店のことはマメな大将('Д')






お雛様

仲睦まじく

背中にやわらかい光を浴びながら

互いに信じあい

互いに敬い合う

互いにほほえみあい

互いに相まって楽しく一緒に居ることができる

そんなふたりが素敵だなと

憧れてみたりします。




まえ川のお雛様

ぼんぼりと金屏風が添えられ

益々にっこり・ほっこりした空気感に

包まれています。


夫婦仲良しのお守りみたいなお雛様がいる風景のお話でした。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:お雛様 お店

ヒラメ・一期一会

2014.02.11 10:27|お店のこと
DSC03545.jpg

今日は、ヒラメについてのお話です。


ヒラメの天然物の中で美味しい個体を見極めるのは

とても難しいそうです。



ヒラメは海の底で、動き回る魚ではなく

餌を待ち構えている魚で、同じ場所でとれたヒラメでも

身の厚さ、旨味など

個体差がかなりある魚なんです。



釣ったヒラメは、

値段的にもかなり高価になり、

網でとれたヒラメはそれなりの値段になりますが

すぐに身に血が滲んでしまうのです。


そうなると刺身で使えなくなります。


ヒラメは刺身で食べるのが一番!なのです。



今回のヒラメは、

網で取れたものですが、値段が手ごろで

血が滲んでいなく、身が綺麗で、身が肥えていて

とてもいい買い物をさせていただきました。



大将に「今夜の料理にだすの?」と聞くと


「ちがうんだなぁー」と。



「明日の夜から、明々後日の昼が一番おいしくなるから、今晩にはださないんだ(*'▽')」と大将。





DSC03581.jpg

こちら二枚目の写真のヒラメは、釣りで獲れた

800グラムのヒラメですが、

一枚目の1.9キロのヒラメとは、

大きさに対しての身の厚さがちがいます。


今回の1.9キロのヒラメが特別だったということがわかります。(*'▽')


DSC03555.jpg

そして、熟成した身を

薄造りでださせていただきました。


こういった食材との出会いは、

その時、その時の縁で、まさに一期一会。


お客様とも一期一会。


ヒラメの薄造りと出会えた


お客様、大変喜んでいただきました。


「また、特別な食材に出会えるように、日々精進しないとな(*'▽')」と


淡路島の食材はどれをとっても

素晴らしいので

普段食材自慢をしない大将が

その中でも、

とてもいい食材と出会って

嬉しそうに話していました。




いい出会いを大切に思う「まえ川」のヒラメのお話でした。






-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:ヒラメ

久しぶりの生け花

2014.02.10 16:31|お店のこと
DSC03692.jpg

今年の1月からお花のお稽古は

お休み中です。

正月の生け花からちょっとづつお花を足したり

しながら生け花をしていましたが、

今日は

おばあちゃんのところから水仙をいただいてきて

活けました。


水仙を活けるのは初めてです。




先日の雪、冷たい風の中おばあちゃんのところに咲いていた水仙


「まえ川」のお店にやってきました。


水仙の花が、ちいさな太陽に見えます。

ちいさな太陽が

ちいさくてもあたたかく明るく近くを照らしてくれているような

どんなことも

光につつんでくれるような

そんな感じがしてきます。



水仙のかおりがほのかに香る「まえ川」の生け花の風景でした。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:水仙

ワタリ蟹の美味しさ・いらっしゃい!!

2014.02.07 23:10|お店のこと
DSC03680.jpg


今日は、お客様の事前のリクエストで「ワタリ」を出させていただきました。


のボイルというのは、皆さんは茹でたてのアツアツが新鮮で美味しいと

思われているのではないでしょうか?


実は、違うんだなぁー(*'▽')と大将。




まずを〆ます。

口の間から、グサッと目打ちで刺して、ぐりぐりとかき回してを〆ます。

そうしないと、は足が外れてしまいます。

そして水に甘塩をして


湯がきます。



DSC03681.jpg


水から湯がく理由は、ズワイとかの足が全部外れてしまうからということは

皆さんご存知だと思います。

DSC03682.jpg


湯がくコツは、

湯がきあがった後に、ギリギリ甲羅が湯に浸るぐらいにすることだそうです。


DSC03684.jpg





そして湯に浸けたまま、粗熱をとった後に、冷蔵庫にいれて

完全完璧に冷やします。


そうすることで、出汁に逃げた旨味が蟹に戻って浸みこみます。


すると、みずみずしい旨味たっぷりのボイル蟹ができあがります。


よく、テレビで茹でたての蟹をタレントさんが


「あつっ!あつっ!おいしいー!!」と言ってリポートしていますが


あれは・・・・。(;'∀')うーーん。テレビむけのパフォーマンス?といったものでしょうか。


湯がいて、すぐに湯から揚げてしまうと、スカスカの旨味の少ない身になってしまいます。


DSC03685.jpg


大将は、皆さんに

「たった湯がくという簡単な調理法の中にも食材の特性を知って生かすということを

わかってもらえたらいいな(*'▽')」と話していました。




私は、知らないことがたくさんありすぎて、

本当に料理は奥が深いなぁ(*'▽')と思う嫁でした。

食材を大切に、美味しさを迎えに行く大将の「ワタリ蟹」の風景でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:

まえ川まめ

2014.02.05 23:30|お店のこと
DSC03650.jpg



昨日季節の引継ぎ式のお話をご紹介したのですが、

もうひとつおまけの風景のお話を。


節分の日、たくさんのお客様がお越しくださりました。



せっかくの節分にご利用してくださったので

「節分豆・まえ川バージョン2014」を作成してみました。(笑)


嫁がパソコンのペイントで、指をプルプルさせながら描きました('◇')ゞ(笑)


節分生まれの「まえ川まめ」の話でした。




-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

季節の引継ぎ式

2014.02.04 22:06|お店のこと
DSC03655.jpg



2月4日 立春

まえ川では、季節の引継ぎ式が行われました。

主催、大将。

場所、まえ川玄関ディスプレイ場。


一月半ばから活躍していた、鬼さんとすっぽんの甲羅からお雛様への引継ぎ式です。


鬼さんから声をかけ



DSC03656.jpg

鬼さんは甲羅を引き連れて、お雛さまと対面し

あいさつの儀。


DSC03657.jpg

「次の季節を頼みますわ(*'▽')」と鬼さん。


「かしこまりました(*'▽')」とお雛様。

DSC03659.jpg

最後は、仲良く記念撮影。

とてもいい顔をしていました。



最後にもう一度鬼さん。

「引継ぎ完了!!!後はよろしく。また来年。」という言葉を残した後、

淋しそうな顔をして、

暗く冷たい音のない倉庫へと帰っていきました。←この3行、大将の表現です。(笑)




といえども

干支の馬さんは12年に一度の登場と考えると、

1年後にまた登場できる鬼さんはあっという間の登場です(笑)


この季節の引継ぎ式は大将が主催とカメラマンです。


嫁はその一部始終を「家政婦は見た」のように大将の様子をレジのところから

ひっそりみていたのでした(笑)






2月3日節分と2月4日立春

季節の代わり目の日にて

-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:節分 立春 季節

水仙の花の思い出

2014.02.03 23:55|心の学び舎
DSC03645.jpg


淡路島水仙がたくさん咲いています。

水仙郷もありますし、ふと目をむけたら

水仙が咲いている風景があちらこちらにあります。



今日の日も、私のおばあちゃんのところの水仙の花、とても綺麗に咲いていました。


昔から、私のおばあちゃんは、おばあちゃんのお米や、お野菜や玉ねぎを

淡路島から送ってくれていて、水仙の花の咲く時期には

新聞紙に、クルクルっと包まれた水仙の花が添えられていたことを思い出します。


私が学生の頃も、社会人になっても、淡路島に嫁になって戻ってくるまで

おばあちゃんからの小包が送られてきました。

水仙の花を見ると

水仙の花の香りに出会うと

小包のことを思い出します。


想いを込めて、荷造りしてくれていたこと

どの時も、離れていても、近くに居ても

想われていた自分がいたのだなって思ったりします。


淡路島の水仙

たくさんたくさん咲いています。

ふわりと揺れた水仙。誰かを想ったかたちが、風になったのかもしれません。


今日の淡路島も、水仙の花が静かに優しく咲いています。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 水仙

エイ!エイ!おぉー!なのです。

2014.02.02 23:52|お店のこと
DSC03495.jpg

今日も沢山のお客様にお越しいただきました。

ありがとうございます(*'▽')!!!



そして、たくさんブログを褒めていただいて嫁は大喜びで

「わーいわーい(*'▽')!!」と喜びまくりでした。

大将は横で照れていました(笑)

お褒めの言葉を録音して、眠りについた大将の横で睡眠学習のように流したいと思いました(*'▽')

潜在意識に働きかけて・・・( *´艸`)→嫁を更に大切に思うようになるのではないかと(笑)





お料理の話をブログでそこまで紹介していいのかと

心配してくださったり

ブログの内容をたくさん覚えてくださっていて

とても嬉しかったです。


大将は「料理紹介しても大丈夫!(*'▽')絶対真似できひんから!!」と真っ直ぐ

言ってました。(笑)

(私の友人や鍵付き拍手コメントで心配してくださる方、大将大丈夫と言ってますので

安心してくださいね。)



今日は、「エイのある風景」の紹介をします。

今回のエイの写真は大きいエイです。

タモリさんの友達の輪のポーズ大の大きいエイです。


DSC03499.jpg

あまりに大きなエイに嫁はびっくりしました。

大将、またお客様やお運びさんに、大きいエイを見るの珍しいかなと思って

張り切って見せてました(笑)


そのたびに「おおっ!!エイ。ビックリしたー('Д')」と。

そして「エイって美味しいの?('◇')ゞ」との反応。


エイを調理する人も少ないから、エイの料理に出会わないからかもしれませんね。

私も大将の料理でエイの美味しいさを知りました。





素材を知って、経験と技をもって、料理する大将にかかると美味しいんです。(*'▽')

淡路島の海の幸!を喜んでいただくだけでなく

珍しい素材を美味しく料理して喜んでいただくことも意識している大将です。



そうです「エイ!エイ!おぉー(*'▽')!!」(笑)



次回、この大きなエイがどんな一品になるのか、そしてお客様の反応をご紹介したいと思います。




-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:エイ

綺麗盛り

2014.02.01 23:01|お店のこと
DSC03574.jpg



いつも感心するのです。


どのお皿も綺麗に盛り付けて

しかも手さばきとスッとした動きの大将。


お造り盛りも綺麗で、思わず写真を撮りました。


「綺麗盛りだなぁ(*'▽')」嫁は思うのでした。


今日も、色々のオーダーで

私だったら確実にフリーズ・固まってしまうか

パニックになるだろうなと思う状況でしたが

リズムよく対応していきながらの

綺麗盛りでした。



綺麗に盛られると、素材自体もより一層喜んでいるかなと

思ったりする嫁でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ