10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

鰊茄子のたきあわせ

2013.11.25 15:12|お店のこと
DSC03001.jpg

今月のまえ川の焚き合わせは

「鰊茄子」です。

この鰊茄子はちょっと手間がかかります。


DSC02939.jpg


ミガキ鰊を一晩米のとぎ汁に漬け、

腹骨をとって、

骨切りをして炊きます。

この作業が非常に手間がかかります。

小骨を抜く方法もありますが、大将は骨切りの方法が味もしみこみ、

炊く時間を短くできるので

この方法をとっているとのことです。


きぬさやは、つけ汁に漬け、

茄子は、切込みをいれて、一晩ミョウバン水につけて

一旦油で揚げます。

それから熱湯で油抜きをして、

だしに鷹の爪をいれて、さっと炊いて、

すぐに鍋ごと氷水につけて

上から扇風機の風を当てて、

出来るだけ手早く冷まします。

そうしないと、茄子のいい色がでなくなります。

厚揚げは、一口大に切って

これも、油抜きをして、

一時間ほど炊きます。


後は季節を表す、紅葉麩を炊きます。


DSC03084.jpg


それぞれを、器に盛り付けて、蒸しあげて

焚き合わせの完成となります。


大将が焚き合わせに

手間をかけるのは、先輩方の教えがあるからです。


ある日の嫁。

「焚き合わせに魚の煮つけは入れないの?(?_?)」と大将に聞くと

大将「魚の煮つけじゃ、アカンのよ・・・(;'∀')」

「色々な山のもの、海のもの別々に料理して、最後に合わせるから焚き合わせというんよ。」

「先輩から、焚き合わせと八寸ものを見たらその人の腕がわかるんだよと教えてもらったからね。

それに、煮つけは家でできるやろ?結局は煮つけは、それぞれの家の味が一番なのよ(*'▽')」と

ポツリ大将が教えてくれました。




一昨日、昨日と昼・夕方のオードブル・夜の営業と仕込みと

秒刻みで頑張っている大将でしたが、

どの一品一品も、ひとつひとつの作業を大切に、

先輩の教えも大切にして

真面目にコツコツと料理に向き合っています。


それぞれがひとつになって、とても美味しく出来上がる

「鰊茄子の焚き合わせの」お話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

かわいい子猫さんがひょっこり

2013.11.24 23:11|お店のこと
DSC03117.jpg

本日のお昼のお客様をお見送りしていて

最後に可愛い女の子のお客様が靴をひとりで履く姿に

「(*'▽')えらいねー。ひとりで履けるの?おりこうさんだねー」と話しかけていると

開けた扉のすきまから

ちいさな小さな、毛糸玉のような子猫さんが

入ってきて、可愛い女の子の前に。





あまりに、自然に入ってきたので

皆さま「お店の猫?可愛いねー」と。

可愛いお客様たちも、子猫の可愛さに夢中。


大将は冷静に

「はじめて見る猫ですね。お店に入ったらダメよー(;'∀')」と

外に子猫を誘導していきました。




お客様のお見送りを終えて片づけをしていると

植え込みが見えるガラス越しに子猫が見えました。

どうやら植え込みの葉っぱと遊んでいる様子。


その様子をガラス越しに見ている嫁に気付き

大将「飼えないからね。情がうつるから、ダメ。かまったらダメだからね(;'∀')」と

わざわざ言いに来ました。




それから、片づけと玄関に子猫さんが入ったので

玄関を水拭きをしていると


大将がこっそり、本当にこっそり

外の様子を伺っている姿を発見(笑)

「自分だって、気になってるんじゃん(*'▽')」と思う嫁。


子猫の姿はなくなっても、外の気配が気になっている大将と嫁でした。







大将と「今日の笑った出来事」を毎日振り返るのですが(笑)

大将はこの子猫さんの店へのあまりに自然すぎる入りっぷりを挙げていました。






可愛いお客様のお見送りを一緒にしたかったのかな?

少し前に、ご近所さんのところから、

ちいさい声のニャーニャーを聞いたことがあったことを

大将と思い出しました。

ちょっと探検で来たのかな?


はじめて「まえ川」の玄関の中に入ってきた子猫さんの話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:子猫

やっぱり人気!胡麻のシャーベット

2013.11.23 16:50|お店のこと
DSC01996 (1)

まえ川のコースのデザートは

大将の手作りシャーベットです。(*'▽')

2日間かけて作りあげます。

一日目は、材料を混ぜ合わせ

2日目は朝から晩まで、一時間おきに空気をたくさん含ませるために

かき混ぜています。


仕入れに行く前にかきまぜ

仕込み中にもかきまぜ、

段取り中にも、

昼ごはんの前にも、

準備中にもかきまぜ、

営業中にも

お店の片づけの時も

お店が終わった後も。


このシャーベット作りの姿、いつも変わらずです。


「今月は何のシャーベットにするの?(*'▽')」嫁は毎月この質問をしています。

大将「今月は、mikiさんのお父さんがおいしい言ってくれた、胡麻でいくよ!(*'▽')」と。





大将、胡麻のシャーベットと言う時に、

「mikiさんのお父さんがおいしいと言ってくれた」を前によく付けます(笑)

それを聞くと、「私も言っているんだけど・・・(;'∀')」と少し笑える嫁です。




お客様からも「わー。胡麻の味がおいしい!!」

胡麻のシャーベット一番好きかも(*'▽')!!」

「もっと食べたくなりますねー(*'▽')!!」との声をよくうかがいます。




DSC03069.jpg



大将の作った「ごまのシャーベット」。


シャーベット、外のお顔はべっぴんさんで、中身も美味しい(*'▽')。

このシャーベットをじっとみていると

「気立てのいい感じのシャーベット」と思えてくるのは、私だけでしょうか(笑)



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:胡麻のシャーベット

桜の葉の秋色をつかまえに

2013.11.22 23:59|お店のこと
DSC03076.jpg

大将、「そろそろ行ってこようっと(*'▽')」と

山に秋色をつかまえにいってきました。



私は、滑ったらいけないので、留守番です(笑)

「桜の葉の紅葉も、秋を表現するのにいいんだ(*'▽')」と語る大将。


連れて帰ってきた桜の葉も大将が写真を撮りました。(笑)



丁寧に葉を洗って、拭いて、洗って、拭いて、拭いて、拭いてと

大将は、連れて帰ってきた桜の葉を大切に扱っています。


DSC03085.jpg

桜の葉が添えられた秋の一皿。

秋色を迎えに行った大将からの贈り物です。(*'▽')


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

イルミネーションが綺麗!!

2013.11.21 21:40|淡路島のこと
DSC03092.jpg

淡路島の福良の夜にも、綺麗なイルミネーションが輝いています。

場所は、パイオニア淡路工場さんです。

今年もイルミネーションが開始したので「いきたいなぁ(*'▽')」とワクワク。

いつもお世話になっている第三の母(笑)と一緒に見にいってきました。




DSC03093.jpg

車で5分、お店から歩いても15分くらいの近い場所なのですが(途中やや坂道)

昨年(今年になっていました)、大将に「一緒にいこう!(*'▽')」と誘って誘って、

「また今度ー(;'∀')」と言われ続け、結局見に行ったのが、

最終日のイルミネーションが消える15分前に慌てて、流星号(軽トラ)に乗って

見に行ったという思い出があります。


今年は、点灯して、すぐに見に行きました。(*'▽')

今年も大将を根気強く誘って、また見に行きたいなと思っています(笑)。

大将は、「ランニングの時に見てくるわー(;'∀')」と一緒にわざわざ行くのは

めんどうな様子ですが(笑)あきらめずにがんばります。


DSC03101.jpg

今年は昨年より多く、12万個余りのLEDを使ってのイルミネーションだそうです。



冬の夜のイルミネーション

見るたびに夢の世界の入口にいるような、

とてもしあわせな気持ちになりますね。




福良の町の灯りが、控えめな分、

とてもイルミネーションが綺麗です。(*'▽')

福良方面にお越しの際は、ちょっとだけ寄り道をして

冬のキラキラを楽しんでみてはいかがでしょうか?


-miki

☆パイオニア淡路工場☆

住所: 兵庫県南あわじ市福良甲1424-14
公開期間: 2013年11月19日(火)~2014年1月中旬まで
点灯時間: 17:00~22:00
クリスマス(12/24)と年末年始(12/30~1/3) ⇒ 17:00~翌日1:00

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:イルミネーション

子持ち鮎のオイル漬け

2013.11.20 23:52|お店のこと
DSC02773.jpg

今日は「子持ちのオイル漬け」の紹介をします。



DSC02774.jpg

は一度、火にに炙っていきます。



DSC02780.jpg

火に炙り終えたら、低い温度で

じっくり、じんわりと油であげていきます。

高い温度で揚げてしまうと、のお腹がやぶけちゃうからだそうです。


じっくり、じんわり揚げた後も

お腹がやぶけないように、丁寧に扱っていきます。


オリーブオイル、酢、塩、こしょう、砂糖を混ぜたものにつけ込んで

つくりあげていきます。


これも、じっくりつかれば漬かるほど

いい味がでてくるとのこと。


嫁も、しっかり漬かった「子持ちのオイル漬け」を味見(笑)


「うん!!いい味でてるー(*'▽')!!」と思わずそのまんまの返し。





DSC03066.jpg

まえ川でとても喜ばれる一皿の一つ

焼八寸の中に、この「子持ちのオイル漬け」が添えられています。

焼八寸、実は色々と大将の心を込めた一品一品が変わったりしているのです。

丁寧に作られた料理の気配を感じると、

一緒に心が豊かになるような気がしてくるのが不思議だなぁと最近しみじみ思います。





この子持ちのオイル漬けもとても美味しい一品です。(*'▽')




-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:

鱸の甘酢あんかけ

2013.11.19 12:13|お店のこと
DSC03029.jpg

「鱸と豆腐の甘酢あんかけ」は今の時期のまえ川のコースメニュー

揚げ物変わりの一品です。

鱸・豆腐を片栗粉で揚げて

淡路島の玉ねぎ

甘酢あんかけをかけて

黄色と赤の目に鮮やかなパプリカと

みどりのネギ

のりと

組み合わせられていきます。


甘酢あんかけの味がなんともおいしい一品です。(*'▽')


DSC03056.jpg

文字で紹介すると、あっという間なのですが、

厨房の大将から

「なんとも(*'▽')」という小さな下準備もちゃんとしている姿をみつけます。

例えば、

ほんの少し添えられている「パプリカ」。



DSC03059.jpg

コンロでしっかり火にかけています。

そのあと氷水につけて


DSC03061.jpg



パプリカの皮をむいていました。



パプリカひとつとっても

ちゃんと手を抜かずにいる姿に


嫁:「離乳食とか、パプリカの~という料理だったら皮むくかもしれないけど、

少し使うだけでも皮むくの?」と聞くと



「パプリカの皮が口の中に残ったり、歯にはさまったりしないように」

「おいしく食べてもらえるように(*'▽')剥くねー。やっぱり。」と笑う大将。



パプリカがメインにくるお料理でなく


添えられるパプリカも


小事も大事に、下ごしらえも全部、大切にしている大将でした。



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

嬉しくて再会

2013.11.17 23:52|お店のこと
DSC03070.jpg

本日もお昼に夜に満員御礼とありがとうございました。



お昼は、以前「まえ川」に心温まるお便りを下さった方がお越しくださいました。

「また再会できましたね(*'▽')。」

「お嫁さん。これどうぞ(*'▽')」と可愛いお花のやわらか布巾をいただきました。

オシャレで華やかで、さりげなく

優しい気配りのお言葉も添えてくださいました。






「大正生まれの同窓会なの(*'▽')」と、とても素敵な笑顔でした。



遠方からいらした方も皆様お元気で、

「美味しかった!!」と喜んで下さって

とても嬉しくなりました。


可愛い贈り物を見るたびに、皆様の笑顔を思い出すと思います。

お手紙をくださった方のお元気な姿に再会もできて本当に嬉しかったです。







夜は久しぶりに帰省した大将の幼馴染さんと、ご家族の皆さまもいらしてくださり、

大将が連絡をいただいてから、とても嬉しそうで

幼馴染さんにはとてもお世話になって、

いい人で心から大好きなんだなぁ(*'▽')と

見ていてとても微笑ましかったです。





可愛いお人形さんのようなお子様に

「かわいい(*'▽')!!」ととろける嫁。





大将はお食事を終えた幼馴染さんをかなり強引に(笑)

「明日帰ってしまうんだったら、お店終わったらスナックいこう!!いこう!!」と誘い

ご家族の皆様にお許しをいただいて(笑)



これまた、お友達に連絡を入れて

先ほど、真っ暗な夜の中スナックに向かいました(笑)

かなり嬉しそうに、ぐんぐん歩いていく姿

その様子に笑えました(*'▽')




どこかで聞いた「しばしの別離は再会をいっそう快いものにする」という言葉を

ふと思い出しながら、

やっぱり嬉しい再会はいいものだなぁと思いながら

見送る嫁でした。



今日は再会が嬉しい一日になりました(*'▽')



☆☆☆☆☆☆☆☆
本日、問い合わせくださったお客様、お部屋がなく
すみませんでした。

また選んでいただけるように心を込めていきますので
これからもよろしくお願いいたします。まえ川


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

すっとした立ち姿のお花

2013.11.16 23:40|お店のこと
DSC03033.jpg

今回は素朴な感じのお花になりました。

・桜

・アイリス

・ヒペリカム

・タマシダ


アイリスがスッと立っています。


桜の小さな小さな花も静かに咲いています。

なにか、今回はひっそりと立っている感じになりました。


床の間の掛け軸も額へ。

菊のお花の額になりました。


お花とお花の協演の姿みたいですね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログをお休みしていた間のまえ川の日々のこと。





今週の木曜日は、ご予約をいただき、リクエストの「淡路島の松茸」をお楽しみいただきました。

昨日は満員御礼ありがとうございました(*'▽')


本日は、

お客様の厚焼き玉子を「可愛い黄色(*'▽')!!」という表現と

その可愛い黄色の厚焼き卵の上にお客様が、可愛く大根おろしが均等に盛り付けていらして

私も「可愛いくて仲良しな盛り付け初めてみました(*'▽')!!!」と

ほっこりしました。



そして、ブログが更新の様子に、私の体を心配して顔を見に来てくださった

いつも気にかけてくださる素敵な方ありがとうございました。(*'▽')

笑顔がいつも嬉しいです。


たくさんの笑顔に支えられていることに感謝しています。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

華やかさがいっぱい

2013.11.13 23:54|お店のこと
DSC03035.jpg

今日は、華やかな皆様がお越しくださり満員となりました。

華やかな皆様は、笑い声も歌声みたいでした。(*'▽')

おひとりお一人が素敵で、

皆さんが集まると華やかさが一段と広がって

お店の中にいて、「いいなぁ(*'▽')」と思う嫁。


大将、お店のお部屋全部をドリフの舞台替えのように組建て直し、

早朝から仕込み・準備をひとりで頑張っていました。


頑張りが皆様の華やかさと「美味しいお料理ありがとうございました(*'▽')」と

声をかけていただけて

とても嬉しそうでした。



お帰りの時に、「お店の電話番号いれておこう(*'▽')」と

暗闇に光る「まえ川」の電話番号入りの看板をカメラでとってくださっている姿に

とてもほっこり、嬉しい気持ちになりました。


本当にありがとうございました。



焼き八寸の一皿、栗チップスが小舟の上に乗っているように見えました。

この一皿の、ひとつひとつ、大将がすべて手をかけ愛情が込められています。

このお皿のひとつ、唯一私がしたものは

栗チップスの入った小舟のようなお皿の下に敷いている色紙を折ったという

微力すぎて笑われそうですね。

焼八寸のお皿の。ちょこっと華やかに私も参加しました。(*'▽')




華やかさは周りをパァッと明るく照らしてくれていいなぁと

思った一日になりました。



-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

鴨のつみれ

2013.11.12 16:46|お店のこと
DSC02785.jpg

今日は、今の土瓶蒸しに入る「鴨のつみれ」を紹介します。

土瓶蒸しの中は、今までも色々でしたが、

今回は鴨を使用。

鴨は博多から取り寄せました。

今から冬と肉も美味しくなること、鳥のつみれだと土瓶蒸しには味が薄くなるので

鴨を使うことで味がでていいとのことです。


DSC02789.jpg

塩、生姜、青ネギ、白ネギなどを混ぜ込んで

色々と試作してできた配合。

大将の行動は鮮やかでリズムよく

つみれを次々生み出していきます。(*'▽')


DSC02794.jpg

土瓶蒸しに添えられる葱もこんがりと焼き目をつけて準備。

鴨のつみれの土瓶蒸し

味見をすると←いいなぁという声が聞こえてきそうですが(笑)

鴨のつみれはほわほわのフフフ(*'▽')という表現になる嫁。

土瓶蒸しをいただくと、あったかいー体にしみーいる(*'▽')となる嫁でした。





本日のお客様にも喜んでいただけますように。(*'▽')



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:つみれ

ちょこっとお花をいけてみました

2013.11.11 11:38|お店のこと
DSC03007.jpg

生け花の作品展が終わって、その時にいただいて帰ったお花。


ボス(以前の職場の上司のこと(笑))から、勉強会の時に講師をした人への

お疲れさまのプレゼントでいただいた備前焼の器に

お花を活けお店に飾ってみました。(*'▽')


スタッフのひとりひとり、

かなり頑張っている姿も、見えないところで頑張っている様子も

そこは足りていないんじゃないかというところも

しっかり見ている姿や、

人間力のかたまりのような神業じゃないかと思うところなど

思い出しては、沢山を学ばせてもらった経験に感謝しながら

今新しい世界で

様々な人間修行の途上ですが、それらに繋がる毎日に感謝しながら


今持ち合わせたものを使って活けてみました。


ちょっとのことを丁寧に

忙しいことや

色々なことを

言い訳にしないで

大切にしていきたいなと思ったりします。


DSC03008.jpg

そして、

仕込みをこまごましている大将。


手を止めて活けたお花を見てくれて

「いいねー。さすがだねー。ちょっとしたことがまたいいねー(*'▽')」と

すかざず、褒めてくれました(笑)


ここにも日々のちょっとしたことを

大切に実践している人がいると思って、笑えました。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

蛸のやわらか煮

2013.11.10 16:17|お店のこと
DSC02461.jpg

先日、まえ川の単品「牛すじの土手焼」を紹介したので

今日は、まえ川の単品人気の「蛸のやわらか煮」のご紹介。






この一品は、「いつもの蛸の!(*'▽')」とコース料理と合わせて

ご注文いただくことが本当に多い一品です。





お連れ様が「あっ。タコ、歯が悪いからいいわ(;'∀')」と

お客様が「ここの蛸はびっくりするくらい、やわらかいから大丈夫」と

言われて、お連れ様がお召し上がりなられると

「ホントだ!!やわらかくて美味しい(*'▽')」と。


お客様「でしょ!(*'▽')」というとても嬉しい会話聞くことができたりします。


とてもやわらかく仕上がるのは

大将のマル秘技があるわけです。(笑)


お酒がすすむ一品紹介でした。(*'▽')



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

淡路島の夜海のキラキラ

2013.11.09 23:10|淡路島のこと
DSC03017.jpg

昨晩、お店が終わって、大将日課のランニングに行って帰ってきたら、

夜光虫が今日は前よりも沢山見れるわ!連れってったる。」と

深夜、流星号(軽トラの名前(笑))に乗って海に行きました。


大将は、空箱に砂をいれているので

「????(?_?)どうしたの?」と不思議でたまらない嫁。


「いいから、いいから(*'▽')」と大将。



海に砂を投げると

海が青くキラキラと綺麗に光るではありませんか!!



「おーーーー!!(*'▽')おーーー!!!魔法の砂よー!(*'▽')」テンションがあがる嫁。


大将は、「・・・(;'∀')そこまですごいことでもないけど・・」と

闇の中で苦笑している様子でした。



写真を撮ろうと色々してみましたが、

撮れず、しかも、淡路島の控えめな夜景がブレて写っているという写真になりました。


目に綺麗なキラキラを焼き付けながら

興奮しながら家路に着きました。


テンションがあがってしまった嫁は3時まで眠れずでした(笑)


淡路島の夜海の夜光虫のキラキラとても綺麗です。


お客様から、ホテルなどでも夜光虫を見に行く企画されている時期もあると

聞いたことがあります。


淡路島の夜のお楽しみに夜海の夜光虫のキラキラを見るというのも

素敵な時間を過ごせるかもしれませんね。




淡路島はとてもいいところです。



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:夜光虫

牛すじの土手焼

2013.11.08 15:14|お店のこと
DSC02722.jpg

「まえ川」おなじみの、牛すじ煮込みは、

今「牛すじの土手焼」が代わりにメニューになっています。


おなじみの牛すじ煮込みにひと手間がかかる一品となっています。



すじとこんにゃくを煮込み


葱と七味を盛りあわせています。


DSC02783.jpg


土手鍋は、鍋のふちに味噌を盛って自分の好みに合わせて溶いて食べたことから来ているようです。

そこから、味噌を使う料理に土手焼・土手煮というようになったそうです。


DSC02723.jpg

煮込むだけでなく、

この牛すじの土手焼は、お客様にお出しする前に、

フライパンで炒めて土手焼にします。



この「牛すじの土手焼」はお客様からのオーダーが入ってから、

煮込んで炒めるので

厨房からの美味しい湯気と香りがひろがってきます。


おなじみの「牛すじの煮込み」も

さらにひと手間かけた「牛すじの土手焼」も美味しい単品メニューの一品です。



どちらの一品が、お好みでしょうか(*'▽')?



-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

心素敵に動くとき・誰かと共有したくなること

2013.11.06 23:09|心の学び舎
DSC02973.jpg
生け花の展示会。

無事終了。

準備・活けこみ・展示当番・片づけと色々でした。

先輩の作品・一緒に学び始めた方の作品。

それぞれがそれぞれに、素敵に活けられています。


DSC02981.jpg

今回初心者の私は、

活けたことのない花器のタイプを勧められ、

まったくもって、何をどうしたらいいかわからず(笑)

オロオロ(;'∀')

DSC02979.jpg


ほとんど先生が活けてくださったという形で、

展示の名前が添えられるのを見て


「うわー('Д')これは・・・偽装というものじゃないですかぁ(/_;)・・これは・・」と嫁。


それを聞いて、皆さん爆笑。

先生は「今度は、一人で活けれるようになってるから大丈夫」と笑っていました。


DSC02976.jpg

展示会の当番の際には、

見てくださった、お子様から年輩の方まで

色々な場所から、お花を見つめる眼差しが優しかったことや

各作品がそろって一つの場を作られている静かで華やかな迫力を感じてくださったご様子にも

触れることができてよかったです。


DSC02945.jpg

なぜかたくさん声をかけていただいて

お花の持つ力なんだろうなと改めて思いました。


DSC02961.jpg

お花を介して、素敵だなという気持ちを人と共有できること。

素敵なモノに出会ったら、人と共有したくなるものなのかもしれません。

お花であったり、料理であったり、季節であったり

心が素敵に動くものと沢山出会ったり、気付いたりしたいなと

そんなことを思った展示会の風景でした。


DSC02969.jpg

大将も、仕込みで忙しい中、

私の「私の名前の先生の作品見に行ってー(笑)(*'▽')」の言葉に

ちゃんと答えて、足を運んでくれたようで(笑)


先生が丁度いらっしゃって、「こっちこっち(*'▽')」と案内してくださったようです。

DSC02965.jpg

帰ってきた大将、

「とても綺麗に活けてあったよー。さすがだねー(*'▽')」と相変わらず褒めてくれましたが

嫁は「うん・・・('Д')だって、先生が活けてくれた花だもん・・」と。


二人の間に「・・・・・」沈黙が流れたのは言うまでもありませんね(笑)



DSC02963.jpg

ともあれ、先生の活け方、先輩の作品色々なことを学べてよかったです。(*'▽')


いつか、いろいろな花器にも素敵に活けれるようになりますように。


結局どの作品が私の名前ででていたかというのは、あえて伏せておきます(笑)

ヒントは洋風です(笑)('ω')

-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

笑顔の贈り物

2013.11.05 23:00|お店のこと
DSC02995.jpg

ブログ更新ができていなくて

色々な方々から、心配のメッセージや連絡をいただいてしまいました。


とてもとてもとても、忙しくしていました(>_<)

ごはんも立ってたべていました(笑)

よれよれ状態ですが(;'∀')、元気にしています!!(*'▽')



そんな中、とても嬉しい笑顔の贈り物をいただきました!!!


大将がとても思っているお友達のお嫁さんでもあり

私にとって、お姉ちゃんみたいな頼りにしきっている(笑)いつも気にかけてくれて

心強い存在の素敵な人から

結婚一周年の素敵な書の作品の額をいただきました(*'▽')

DSC02997.jpg

大将と私の名前がそれぞれ力強く、そして仲良く並んでいて

下には、私たちに向けた言葉が綴られています。



淡路島の作家さんの「ひろ兄さん」にお願いして作成してもらったそうです(*'▽')


作家さんは、嫁のブログも読んで色々とイメージをしながら

私たちへの贈り書を作ってくださったそうです。

贈ってくれた素敵な人から、それを聞いてとてもうれしかったです。





すべての言葉、味わいのある文字。

大将と出会って、淡路島に来て、お店を一緒にして、

嬉しいことも、大変だなと思うことも



ふとよぎりながら

それでも

これからまた新しく家族になっていくことが楽しみで


幸せの味つくりを一緒にしていきたいなとしみじみ思いました。


大将も「ええこと書いてくれているなぁ・・・(^_^)」としみじみと喜んでいます。


淡路島に素敵なもの造りをされる方がいることも嬉しくなりました。


DSC02998.jpg

どこに飾ろうかと、あれこれ、あれこれ

置いてみて、近くから遠くから見て見たりしました。

お店の入ってすぐの棚に

飾っています(*'▽')

すでに、お客様から「いいねー!!贈り物なの?嬉しいね(*'▽')」と

声をかけていただいたりしました!!


とても嬉しい贈り物。

大切に大切にしていきたいと思います。




-miki




書藝家ひろ兄さんのブログ→

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ