稚鮎の南蛮漬け

DSC02387.jpg

お世話になっている鮮魚店さんから

「今、特別いいのがあるよ」(*'▽')と。



徳島からの稚です。


成魚は夏に蓼の酢で料理したりしますが、

は、秋に海にかえっていく落ちといって季節を表す食材だそうです。




余談ですが、

落ちは、スズキを釣る人にとって、

居てもったってもいられなくなるほど魅力的な魚だそうです。


大将も、足が治ったら、徳島の吉野川・那賀川で

スズキをルアーで釣るつもりでいます(笑)



DSC02395.jpg

大将は、「これはいい!!(*'▽')」と嬉しそうに

を料理していました。


「稚の南蛮漬け」です。


稚鮎は頭とはらわたがとても美味しいです。

まるごと美味しく味わっていただけます。

DSC02440.jpg

小さないのちにも感謝して

無駄なく食材を大切にしている大将です。


味わって美味しくきれいに食べるのがいのちへの感謝・供養になると大将は言っていました。


といいつつ


大将は小学生の頃、給食の鯨を残していたということで

「鯨さんごめんなさい('Д')」と心で謝りをいれているようです。




稚鮎の添えられた一皿。


秋を味わっていただける今だけの一皿です。


-miki