05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

mae miki

Author:mae miki
季節料理まえ川
南あわじ市福良甲512-138
☎0799-50-3357
http://maekawa.syoutikubai.com/
淡路島にある小さな和食のお店
「季節料理まえ川」の嫁が綴る
日記です。

アクセスカウント

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

賀茂なすの揚げ出し

2013.06.30 16:14|お店のこと
DSC02076.jpg

丸くコロンとした形のなす。

賀茂なすは、夏の京野菜の代表と呼ばれてたり

なすの女王を呼ばれています。

この季節の旬の代表の一つだそうです。

まえ川では、8月初旬ぐらいまで

この賀茂なすを楽しんでいただけるようにと大将が美味しく料理しております。

DSC02013.jpg

揚げ物といえば、

えびの天婦羅や鱧の天婦羅の盛り合わせもありますが、

地元のお客様や、リピーターのお客様も多いこともあり、

旬で美味しく珍しいものをと大将あれこれ悩んだり料理をあみだしながら

メニューを考えています。


「はっ!これは何?(*'▽')」とその季節季節に

楽しんでいただけるようにと考えている大将。



茄子の皮も美味しくいただけます。

そして、


賀茂なすと相性があうお野菜で彩にいいあのお野菜も


揚げられ添えられています。





ちろりと隠れています。(*'▽')絶妙に(笑)




夏の旬がおいしい一品のお話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:賀茂なす

大切な人の大切な人

2013.06.29 23:59|お店のこと
DSC02204.jpg

大切な人の大切な人に出会えることは

とても嬉しいことですね。


大切な人が 出会って

大事にしてきた仕事や想い

仲間との時間

創り上げられてきた相手を尊敬したり、認め合ったり

「いいな」をお互い重ねてきたこと

そんな大切な人と大切な人との間のことを

ほんのすこしでも垣間見れることが

とても嬉しいです。




お店をしていることで

大切な人が大切にしている人に

出会えることがあります。


大切な人の大切な人たちが

今日は大集合で

特別な空気が流れていました。


いつも思うことなのですが、

出会う目の前の人は、誰かのとっても大切な人なんだ

誰もが誰かの大切な人なんだと思うと

自分も大切にしたいなと

にこやかになれます。


今日は島外から

大切な人の大切な人たちがお越しくださって

私も元気をいただきました。




今日の淡路島晴れますようにと思っていたのですが無事晴れました。(^_^)

明日の淡路島も晴れますように☆



素敵な時間を過ごされるように願っています。

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

笑顔の嬉しい苺のドーナッツちゃん

2013.06.28 23:58|お店のこと
DSC02145.jpg

今日は可愛いお客様がおいでになりました。

「いいもの書いてあげるー」と描いてくれたのが


笑顔のうれしい苺のドーナッツちゃん りぼんつき」です。


タイトルが可愛い(笑)


そしてマリオが大好きな可愛いお客様が、

カメラを撮ってくれました。

色んなアングルを試してみて撮ってくれましたが、

自分の可愛い足と、描いたお客様の可愛い手が写っていました(笑)


それが可愛いのと

二人があれこれ協力して写真を撮っている姿も

「いいねー!」と言い合っている姿も可愛くて


こちらが笑顔が嬉しい顔になってました。


大将は、カウンター越しにやはり絡まれており(笑)

何の拍手かわからない盛り上がりの拍手を一緒にしていました。(笑)( *´艸`)


元気がいいことは嬉しくなりますね。

他のお客様も「自分も子どもの仕事しているんで大丈夫ですよー。」と

にぎやかなひと時を優しく微笑んでくださったりと




本日のまえ川にあった笑顔の風景はたくさんでした(*'▽')

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:笑顔

パワースポット伊弉諾神宮in淡路島

2013.06.27 18:46|淡路島のこと
DSC02096.jpg
友人おすすめのパワースポット伊弉諾神宮に念願叶い行ってきました。

淡路島は、国生みの神話があるというところで

縁結びやご利益スポットが有名です。

伊弉諾神宮は、国生みを果たしたイザナギノミコトが余生を過ごした跡を本殿にしたとか。

今回一番見たかったところは、

この「夫婦大楠」です。


元は二本の楠が、いつしか根をあわせて、一株に成長したもので

樹齢900年以上と言われいるそうです。


大きく一つになっている夫婦大楠からでている空気感に感動しました。



DSC02103.jpg

本殿では丁度、ご祈祷されている方がいらっしゃって

笛や鈴、巫女さんの様子がとても神聖でよかったです。
DSC02099.jpg
神宮内をゆっくりと散策。

どこからも、緑のにおいに癒されたり

陽射しが緑からこぼれて気持ちがよかったです。



DSC02105.jpg
絵馬は、桃の形でした。

イザナギノミコトが黄泉国から逃れる時に投げた桃がモチーフだそうです。

私も願い事を書き、夫婦大楠のところにかけてきました。

願いごと叶いますように(*'▽')


DSC02083.jpg

神池は、「放生池」とも呼ばれ、

古くは放生神事(鳥や魚を放して生命の永続を祈る行事)が行われいたそうです。

今でも病気平癒のための命乞に「鯉」を放ち、快癒の感謝に「亀」が大切にされています。

しばしゆっくり景色を楽しんだり

鯉やカメの様子をみて楽しみました。


DSC02090.jpg

てんとう虫発見!という「いいこと」がすぐにおきました(笑)

淡路島は国生み伝説や七福神めぐりや綺麗な海に山の幸海の幸。

みどころいっぱいな淡路島です。


淡路島いいところですよ(*'▽')!!ぜひ!!


淡路島発見隊からの報告でした!

-miki

伊弉諾神宮←こちらからホームページにつながります。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 パワースポット 伊弉諾神宮

開店前のひとつの風景

2013.06.26 16:02|お店のこと
DSC02074.jpg

大将、いつも朝から魚の仕込みや

さしみ醤油を作ったり

一品料理たちの仕込みをしたり

夜の準備をしたりと

よく仕事をしています。

手と心を込めた一つ一つが

お皿に並ぶ前の風景。

揃って並んでいる出番待ちの一つ一つです。


DSC02072.jpg

からすみも、手作りで

作っている工程から、

子どもさんから大人まで興味深々で完成を楽しみにしていただいていたり(笑)



「大人のさくらんぼ」みたいだなぁと

大将が黙々と予約のお客様の準備をしている手元をみて思ったりしました。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

大将の実家の紫陽花

2013.06.25 15:56|お店のこと
DSC01993.jpg

大将の実家の紫陽花です。

淡い水色がとても綺麗で、これからも色づいていく感じが素敵だなと思いました。

お店の玄関の金平糖の紫陽花も可愛いけど

こうやって咲いている紫陽花もいいですね。


大将の実家の紫陽花の葉っぱを2枚頂いて

大将の玄関ディスプレイの配置替えに(笑)


葉っぱを洗って拭いて


大将に渡そうと思ったのですが、いなかったので玄関に置いて掃除をしていたら


戻ってきては、すぐに発見し

ディスプレイしてました(笑)



いろいろな仕込みを朝から頑張っている大将の姿と

紫陽花の葉っぱをどう置こうかと手を動かしている大将の姿の

ギャップがひそかに面白いです。(笑)

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:紫陽花

鱧の煮こごり

2013.06.24 16:00|お店のこと
DSC02070.jpg

前回は、そうめんのゼリー寄せの涼しげなお通しを紹介しました。


今回は、鱧の季節到来に合わせて

「鱧の煮こごり」を大将はつくっています。


鱧の煮こごりは、鱧を炊き、枝豆、赤黄色のパプリカをいれ


ゼラチンで固まっていきます。


そこに美味だしをかけていただきます。


今日はその過程の風景の一部を写真に撮りました。

お行儀よく並んでいる感じと鱧がふわっとひらいた感じで浮かんでいる様子が

いいなと思って(*'▽')


また盛り付けした一品として紹介します。

その時に、大将の想いを合わせて紹介したいと思います。


淡路島の鱧!本当に美味しいです。

いろいろな鱧の楽しみ方があることも

美味しさも大将が教えてくれました。


ぜひこのいい季節、淡路島はいいところです!

-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

二回目の朝顔の種の育ちっぷり

2013.06.23 23:12|お店のこと
DSC02077.jpg

6月の初めに、二回目の朝顔の種をお店の植え込みに撒いた日から


毎日毎日芽がでるのを楽しみにしていたのですが、

待てど暮らせど('Д')

待って待って

「やっぱり一晩水に浸けてから撒かなかったからかな・・(p_-)」と反省しては


育ちますようにと

植え込みを見つめ続けて

一昨日やっと芽がでて

今日はふたばに(*'▽')


さっそく虫に食われていますが(笑)


沢山の種はどこへいったのでしょうか。



道行く方や、お客様やブログを見てくださっている方に

喜んでいただけるほど沢山咲くようにと種を撒きましたが、


まえ川の植え込みに夏の風物詩、朝顔が満開というイメージは

ほど遠い感じです(;'∀')


ですが!この朝顔たちの育ちを応援していきたいと思っています。



DSC02080.jpg

最初に大将が一人で撒いた朝顔1号。


葉が少しづつ出てきています。


朝顔2号と仲良く咲いてもらいたいなと思って


毎日水やりをしている嫁です。

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:朝顔

雨降り大好き!紫陽花とカエルくんとかたつむり一家

2013.06.22 22:15|お店のこと
DSC02064.jpg
まえ川の玄関、6月のディスプレイは


あじさいと、カエルかたつむりです。

いつもの可愛いお客様も、鯉のぼりに続いてお気に入りで


「可愛すぎて欲しくなっちゃうよー(>_<)」と(笑)


女性のお客様も、「あら!紫陽花が金平糖!(*'▽')」や

「可愛いー!!カエルの葉っぱ傘にしずくが!(*'▽')」など

可愛い可愛いと足をとめて見てくださいます。


その姿がとても皆様可愛らしくて、嬉しくなります。



京都で可愛い置き物を探した甲斐がありました。

DSC02063.jpg

紫陽花の金平糖。

金平糖が大好きな私は、食べたくなるのをぐっと我慢。

金平糖たちを集めて、紫陽花にしようと思いついた人はスゴイなーと感心します。

とにかく可愛いです(*'▽')


DSC02065.jpg

ガラスのカタツムリ一家。

仲良く集っています。

光を通すとまた綺麗な透明で涼しげです。

こんなカタツムリが本当に居たら夢のようですね(笑)


DSC02062.jpg

実はこのディスプレイは、日々変化しているのです(笑)

浮かべる葉を替えてみたり、

水を入れたり、引いたり

お皿を変えて見たり、

そしてよく配置換えをしています。大将が。(笑)


私が「あっ!また変えたな。(*'▽')」といちいち発見(笑)


大将は「常に変わるのがいいんよ(^_^)v」と言ってますが、

一番自分が動かしてみるのが好きなんじゃないかなと

思って見ています。


料理だけでなく、置き物の場所も追求している大将です。(笑)


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:紫陽花 カエル かたつむり

沢蟹さんへ

2013.06.21 16:00|お店のこと
DSC01823.jpg

沢蟹の艶煮をご紹介したいと思います。

小さい小さい沢蟹さんが沢山。

大将は一品に添えるために

また黙々と調理しています。





DSC01825.jpg

沢蟹は氷でしめて、油であげて

みりん・しょうゆで軽く炊くと

艶煮になります。


油で揚げるときの写真を撮ったのですが

すごい勢いで油がはねるので、

何の写真かわからないものに(笑)

夏、沢蟹。

8月いっぱいまでお皿に登場していく予定です。


この沢蟹は、丸ごとお召し上がりになれます。

パリパリと香ばしく甘くて美味しいです。


DSC02004.jpg

さて大将ですが、

この沢蟹の艶煮を作る時に、

昔大将のおばあちゃんから聞いていた「地獄絵図」を思い出して

「沢蟹さん・・・ごめんなさい。((+_+))次はいいように生まれてきてください・・」と

思うとのこと。


その話を聞いてしまうと(;'∀')・・・・。

なんだか食べれなくなっちゃうよ(;'∀')・・・。と思う嫁ですが

すべてのものに感謝しながら

美味しく頂いて

元気を頂いて

元気を返していこうと思います。


色がとても綺麗にでていて、

パリパリと美味しい沢蟹の艶煮でした。




-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

活けるたびに変わるもの

2013.06.20 20:04|お店のこと
DSC02060.jpg

四回目のお花のお稽古。

初の葉もので悪戦苦闘。

先生に活けなおしてもらって、

また自分で活けても、花や葉が留まらないのと

なんだか、しっくりいかなくて

頭を抱えてしまいました。


先生が「生け花も、一期一会。同じように活けることはないからね。」と。



今回は夏を感じる「向日葵」を活けました。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

夫婦といえども

2013.06.19 16:28|お店のこと
DSC01954.jpg

以前大阪の道具町に大将と出かけ、食器や小物、飾り物を探し歩いたとき


「「化粧室」のプレートやっぱりあった方がいいかな」と


大将が呟きました。


私は、お店のつくりのことや雰囲気などで、


あえてプレートを貼らないのだろうなと思っていました。


お客様にわかりやすいようにやっぱり取り付けた方がいいかと

少し前から考えていたとのこと。



私:ねぇなんで、化粧室の案内プレート今までしなかったの?(*'▽')



大将:あっ。お客さんに「はいっ!!こちらです。どうぞ!!」って案内するのが

   好きだから。(^_^)



私:えっ??そこ?


大将:えっ?なにか?



雰囲気でもなく、つくりからでもなく


大将が案内するのが好きだったからという理由は、考えてもなかったので


爆笑でした。


怪訝そうに「だって、こちらですっ!!」ってするのがなんか好きなんよ・・・('Д')

私がお手洗いをご案内することが多くなって、出番がすくなくなって

淋しい思いをしていたかな?(;'∀')とちょっと思ったりします。



お客様から見えるところと

お手洗いのドアに案内プレートを貼りました。



案内プレートを貼った今でも、大将は


「はいぃっ!!こちらです!!どうぞー!!」と出番があると


張り切って案内しています(笑)(*'▽')

お手洗いご案内以外も、もちろん張り切ってまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします!!



ひとつ思うこと

夫婦でも、実は知らないことがまだまだ、いっぱいです。(笑)


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

手作りの黒糖シャーベット

2013.06.18 11:48|お店のこと
DSC02040.jpg

大将が作る、「まえ川自家製手作りシャーベット」。

今回は、「黒糖シャーベット」です。

優しい味で、ほんのり黒糖。

お客様に喜んでいただいております。

もちろん私も、「うひょ(*'▽')美味しーい」となっています。


DSC01996.jpg
今回は黒糖シャーベットができるまでの様子をお伝えします。


黒糖といえば!「沖縄」

沖縄の黒糖を使用して、牛乳と黒糖を混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたものを、いったん凍らせます。




DSC01997.jpg
凍ったところで

クイジナートを使って、半氷にします。


この時点で、美味しそうな予感が(笑)(*'▽')嫁かぶりつき状態で傍らに(笑)



DSC01998.jpg
大将、ホイップとメレンゲを作っていきます。

ホイップとメレンゲをいれていきます。

そして隠し味!投入!!!←これはマル秘だそうです(;'∀')





DSC01999.jpg

そして混ぜ合わせていきます。

ここからまた、一時間おきに混ぜては凍らせ

混ぜては凍らせ、混ぜては・・・・と夜まで続きます。


お店が終わっても、続けていました。


仕上げに、別のマル秘を投入して←すみません(;'∀')また別にマル秘がでてきました。

混ぜ合わせます。


そして次の日には、美味しい黒糖シャーベットが完成!!!


シャーベットはお料理の最後の最後に出すので

大将は「最後の最後まで、あー美味しいな。と終われることが大事だから」(*'▽')と


汗だくになりながら、それでも爽やかにパカッと笑って言っていました。


あっという間に口の中で消えていくシャーベットに


大将の創り上げる工程と想いが込められています。



今回のブログ、見ている方が少しでも涼しい気持ちになっていただけたら

嬉しいなと思いながら書きました。


皆様。季節の変わり目、お体大事にしてください。


-miki





テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:黒糖シャーベット

父の日の淡路島の夜空

2013.06.17 14:26|淡路島のこと
sora.jpg

昨日の父の日、私たちは、それぞれの父へありがとうを。


大将のお父さんは、魚や貝が好きなので、

いつもお世話になっている水産さんへ、朝一二人で行って選んでプレゼントを。




私の父は、ビールに。

父の日用のラッピングでプレゼントを。


「いつもありがとう」を届けるのが夜になってしまいましたが、


その時家族で見上げた空がとても綺麗で

こんなに星があるのかなとおもうほど、たくさんの星がでていました。


いまにもどれかの星が、落ちてきそうな夜空でした。


父の日夜空


夜空からのプレゼントみたいな空でした。



寝る前に夜空を見上げる家族と星を描いてみました。


淡路島、星がたくさん見ることができます。

遮るものがない空に星がとても綺麗です。


そして


日常の何気ない風景や事柄がどんなにしあわせなことかと改めて

思いました。すべての事柄に感謝を。




-miki


テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:夜空 父の日

いつもいつも ありがとうございます

2013.06.16 23:59|お店のこと
DSC02044.jpg

昨日、本日と、たくさんのお客様がお越しくださりました。



島外からのお客様、淡路島にゆかりのあるお客様、ご近所のお客様、

大将の仲間のお客様、お祝い会のお客様、残念会のお客様、

「夜遅くからでもいいでしょうか?」といらしてくださったお客様。


私たちがお世話になっているご夫婦のお客様や


お世話になった方からのご紹介のお客様と入れ替わり立ち代りと



本当にありがとうございました。

温かいお言葉や笑顔がとても嬉しかったです。



昨日、本日と、直接お越しくださったお客様、

お電話で問い合わせくださったお客様。

お席がなくて、おことわりして、申し訳ございません。


また、ご都合が良い時に、お声をかけていただけるように、


また選んでいただけるように気持ちを込めて

励んでいきたいと思っています。



これからもよろしくお願いいたします。



昨日より、お店の暖簾の衣替えをしました。

白色で涼やかな暖簾です。


季節の変わり目、体調崩されないよう、皆様の健康を願っています。



-感謝を込めてmiki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

三歳のお誕生日に「おめでとうございます(*'▽')」

2013.06.15 16:06|お店のこと
DSC02042.jpg

昨日6月14日は、大将の友人の子どもさん「ピンク色が好きな可愛いお客様」の

お誕生日でした。


「いくつになったのかな?」と聞くと


元気な声で「しゃんさぁーい(3歳)」と指を3本(2.5みたいになってましたが(笑))と。





3歳になった可愛いお客様は


お店の駐車場から、先頭をきって走ってテクテクトコトコ来てくれたそうで、


お父さんもお母さんも、お店の場所覚えているのかと驚いたそうで、


私も聞いてとても嬉しかったです。



可愛い上のお子様も下駄箱の飾りを想像通り(笑)喜んでくれて


その可愛さにとろけてしまいそうになりました(*'▽')


上のお子さんの「mikiさん、すきー」とニコニコしながら真っ直ぐに言ってくれる姿や



下のお子さんの「あーと(ありがとう)ペコリ」に


私も大将も、完全にノックアウトされました(*'▽')(*'▽')


帰りに、お父さんと大将がお話をしている間


絵を描いて遊んでいました。(正しくは、遊んでもらっていました(笑))


お気に入りのキティちゃんのTシャツを見せてくれたので


  私:「今はサングラスかけたり、こうやって立ち上がっているキティちゃん

     昔は、お座りキティちゃんしかなかったんよ」


  おねえちゃんお客様:「えー???どんな??」

  三歳のお客様:「ろんなぁ??」


  私:キティちゃんを描いて「こんな。あれ?ちょっと変になった。」


  お姉ちゃんお客様:「えー??これキティちゃん?」首をかしげる。

  
  三歳のお客様:「キティちゃんちがうー」


散々な言われようのキティちゃん。

三歳のお客様のリクエストに答えて、シナモンちゃんを描いたら


「うわぁーかわいいー!!」


「かーいー!!」と大絶賛(笑)


お母さんがアンパンマンがまた上手でそれをまねて、おねえちゃんが


アンパンマンを真剣に描いてくれました。

大将にアンパンマンの絵を見せるのを恥ずかしがっていましたが、


絵をみせてくれて、


大将「上出来。上出来。こんだけ描けたら上出来じゃわ」と真剣に見て言っているのが


面白かったです。


大将は絵が本当に(笑)得意ではないので、心から感心して言っていました。(笑)



可愛いお客様、お誕生日おめでとうございます。(*'▽')


嬉しい日に、お越しくださってありがとうございました。





いつもその可愛い姿に、元気をもらっている私たち。


私たちも可愛いお客様のことが大好きです。





またいつかキティちゃんを描くときがくるまでに


上手になっておきたいと思います(笑)


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:お誕生日 キティちゃん アンパンマン

夕暮れの中の海(福良港にて)

2013.06.14 12:00|淡路島のこと
DSC02033.jpg
昨日の定休日

午前中釣り(大将のみ(笑))

午後、ひとやすみ、そして近くの「ゆーぷる」(温泉)、夕方釣り。



夕方は「ちょっと行ってくる」と言うので私も一緒にいきました。

夕暮れの

夕日からの光にが綺麗に揺れていました。

気持ちのいい風と

はとても心が落ち着きます。

大将は、釣りに一生懸命な様子でしたが(笑)( *´艸`)

DSC02030.jpg

しばらくすると

大きな綺麗な毛並みの、人懐っこい可愛いワンさんが二匹


勢いよく駆けてきました。



すり寄ってきてくれて


そしてパシパシと

すごいしっぽ力でした(笑)


ここでも大将、犬に人気(笑)

なかなか離れないので、飼い主さんがボールを投げると


一匹は追いかけましたが

もう一匹は、まだ撫でてもらいたいみたい様子。


さすがに飼い主さんも離れていったので

しばらくして「!」という顔をして駆けていきました。

可愛かった!!




それから釣りを再開して、小さな魚を釣っていましたが、

あまりに小さいので

に帰していました。



気持ちのよい風と

「なんだか夏休みみたいだねー(*'▽')」と言うと


大将は「夏休みちゃうわ。ふつうの定休日。('Д')」と訂正してきました(笑)


大将は今年あまりに思うように釣れないようで

「おかしいなぁ('Д')。」とつぶやいています。

去年は、

休みの日には「今日はこれが釣れました」と

大物の写メールが送られてきていたなぁと思い出す嫁でした。



淡路島の海

ほのぼのとした気持ちと

のびやかな気持ちと

潮風が心地いい海です。



「それにしても、昨日の犬可愛かったなぁ(*'▽')」大将は今日もつぶやいています。

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島

やさしくなでて、葉でくるんで

2013.06.14 08:20|未分類
3.jpg

祖母が二週間前程から

「葉餅を一緒につくりたい。作りたい」とずっと言っていると

母からずっと聞いていたのですが

なかなか祖母のところへ行けず

やっと祖母の念願を叶えにいけました。

葉餅の葉は、母が摘んできて


祖母が、昨年収穫した豆をあんこにして


三人で葉餅にしました。


お餅を丸めるときにいつも思うことが


手の形が「やさしい形」になるんだなと。


それにこたえて

まあるいお餅ができていきます。


2.jpg

小さい葉っぱは、お餅を上から下から包んで


4.jpg


大きい葉っぱは、一枚で包んで


5.jpg

大事なものを中にくるんで、蒸したら出来上がりました。


昔にはごくごく当たり前にあった風景かもしれませんが


こうやって手作りの風景は、なんだかゆっくりした時間がすぎていいものですね。


淡路島での、ひとつの家での風景のお話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

フクロウだって、もたれかかりたい時があるようです-in淡路島

2013.06.13 11:33|淡路島のこと
sumotohukurou.jpg

淡路島の洲本の商店街。



ふと商店街から一歩それたちょっとした空間に

フクロウを見つけました。


友人が以前「フクロウのキーホルダー」をプレゼントしてくれたとき


フクロウは、不苦労で苦労知らずとか


 福来郎とかいって福が来るらしいよー。縁起がいいからあげるー(*'▽')」と


貰ったことがあります。


余談ですが、私はなぜか周りの人たちからお守りや縁起の良さそうなものを


結婚前はお土産や見つけたとよく頂いていました(笑)かなりの束になっていました。


友人はその様子を「神様たちが喧嘩するよー。」とあきれていましたが、


やっぱりお守りや縁起の良さそうな物たちが

円陣を組んで力を合わせて協力して、今に結んでくれたのだと信じています(笑)


その中の一つの

フクロウも福を運んできてくれるなどの期待をされているのですが


こうやって、時には柱にもたれかかって、休息をして

力をためていたりするのかな( *´艸`)なんて想像したり


「福を運ぶ期待ばっかりされてもさ('Д')」なんて

思っているかもしれないなぁと思ったり。(笑)



休息しているフクロウ

無理がなくていい感じだなと思いました。


ゆっくり ゆっくり

ひとやすみ ふたやすみ

無理なく木陰で 安心できるところで

一息ついて

いいんだなって 見たら微笑んじゃう

そんなフクロウさんが

淡路島にいました(*'▽')



淡路島から目が離せません(笑)

-淡路島いいとこ発見隊員(自称)miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 フクロウ

ひらり・さわやか・木の葉生姜

2013.06.12 09:33|お店のこと
DSC01962.jpg

主役を支える影の癒し系「木の葉生姜」のお話です。


初めてこの可愛い生姜を見た時に「わぁ(*'▽')」と見入る私でした。


生姜を木の葉に剥いて


スライスして


さっと湯をして


甘酢につけます。


この「さっと湯を通す」ことで、ほんのりピンクの色が自然にでるとのことでした。

DSC01963.jpg

ほんのりピンクがみえるでしょうか?


木の葉たち


一枚一枚に表情があって


ちょぽんと甘酢に浸かって 可愛い集団になっていました。


この写真のタイトルは「仲間とのひととき」(笑)

DSC01985.jpg

木の葉生姜は、箸休めの役割。

大将に聴きました。



私:なんで木の葉にしたの?そのまんまの形の生姜じゃないのはなんで?


大将:なんでも、そのまんまの形で出すより、ちょっと「あら(*'▽')!」って思って

   見ても楽しんでもらえるのがいいなって思って。




「あら!(*'▽')」と思って戴けるようにとサラリと言ってますが、


技がないとこのタイプの「あら!(*'▽')」が生まれないことを嫁は気付いています(笑)


淡路島は良い食材が沢山なので「おお!!」「わぁ。美味しい!」がたくさんです。


そこに「あら!(*'▽')」が加わるのもいいなと


主役を支える木の葉生姜をみて

思ったりしました。


お皿にのる、どの一品も、大切にしている大将の今日は木の葉生姜の話でした。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:生姜

ココロイケメンの集い

2013.06.11 08:58|お店のこと
DSC01992.jpg

昨晩は、心持ちのいい、ココロイケメンがお店に集合しました(*'▽')


大将のお友だちの皆さんも


本当に心根のいい人たちだと心底思う私です。


お土産片手に久しぶりの淡路島に短時間帰省のお友達さん

長年の付き合いの人の依頼に応えるために、休みをやりくりして遠方から帰ってきた様子(笑)


本人、気付いていないだろうけど帰ってきた時にいつも

「どう?こっちの生活になれたけ?」と必ず聞いてくれます(笑)


なぜか腕相撲「力どちらが強いか比べ」がはじまったり


それぞれが近況を語っては絶妙のつっこみを繰り広げていたり


突然の集いの連絡なのに

自転車で駆け付けてくれたり

玉葱をたくさんもってきてくれたり(笑)





みんな沢山大笑いして 笑顔で嬉しかったです。


心根のいいココロイケメンの皆さんに癒された私でした。

もちろんココロだけがイケメンじゃなくてイケメンですよ(*'▽')


大将も元気がフルチャージの様子。


元気を貰った分 益々元気で 張り切って今日の一日も始めます!!!


-お土産のお菓子を昨晩大将と、すでに食べてしまったmikiより


テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:元気

大吉の溝掃除

2013.06.10 23:00|お店のこと
DSC01974.jpg

ブログを初めてすぐにご紹介した「まえ川」の

お客様の和紙マット。

心を込めて、願いを込めながら「大吉」の判子を押して作っています。


最近、判子を押すと「大吉」の印がうまく出ないときがあって


もうすぐ5年を迎えるこの判子


そろそろ卒業かなと話をしていましたが、



嫁、細い針で印鑑の溝掃除をしてみました。


和紙の繊維が少しずつたまっていたようで、溝掃除をすると


くっきり「大吉の文字」がでました(*'▽')


この判子も大将と一緒に歩んできたのだなと思うと感慨深いものがありました。



私は、まえ川の和紙マットが好きです。




お店の名前が入っているわけでもなく


何かのアピールでもなく


綺麗な和紙だけでもなく





大吉」の判子が押してあるのが

なんとなく、アピール上手とは言い難い大将や私っぽいなと(笑)



美味しい食事で

楽しい食事で

料理を前にしてくださった方が笑顔に

しあわせな気持ちになっていただけるように




出会った方が「大吉でありますように」と願いがあるので


とってもぴったりだなと


つくづく思っています。









大将のお店に初めて縁を結んでくださった人に連れて来てもらった時、


一番に大将の「いらっしゃいませ!!」のハツラツとした明るい声と


この和紙マットの控えめさの中に、ひょこっとなんだかうれしい「大吉」に


迎えられて、美味しく料理をいただいたことを思い出します。





大吉の判子の溝掃除

かなり慎重に完了して、またお客様の和紙マットに


くっきり しっかり

「大吉」を願いを込めながら押していきます。


皆様の「大吉をねがって」


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:大吉 判子

青梅とヤマアラシ1号

2013.06.09 15:08|お店のこと
DSC01933.jpg



青梅を見かけると、日本の手作業の季節だなと梅の手作りを想像したりしますね。


青梅の蜜煮を大将は黙々と作っていました。


付け根のでっぱりをとって


綺麗に洗って



DSC01931.jpg

不思議な道具を使っている大将に尋ねると

「これ?ヤマアラシ1号('◇')ゞ」と(笑)


手作りの針うちの道具で、

ずいぶんと昔の修業時代に、八百屋さんに教えてもらって

作ったとのことでした。


その道に通じている人は、知識と知恵と持っていて

それを教えていただけることはありがたいことだねと話をしました。



DSC01932.jpg

青梅は、その後針うちをして1日置きます。


それから10円玉(もちろん磨いて入れてます!!)をいれて1時間炊いて、

1時間さらして、また1時間炊く。


また1時間さらして、1時間炊いて
DSC01957.jpg

砂糖水で炊いて一晩おいて、

更にもう一回砂糖水でたきます。

浸けておいて終わりというものでなく。

何度も繰り返しの作業と

合間を置く作業をしていました。


大将は工程の中で「いい色に仕上がるといいのだけんど・・・」と


たくさん青梅を見つめていました。






出来上がり、いい色がでて嬉しそうにしていました。



「よかった。よかった(*'▽')」と。


なんだか昔話にでてくる「正直じいさん」のイメージぴったりのいい笑顔でした。(笑)


※注)大将はまだ若いです。将来は「正直じいさん」になれると確信しますが(笑)(∩´∀`)∩


DSC01966.jpg


一皿の片隅に青梅が添えてありました。


この一皿に添えられるまでの道のりを知っているので


姿を見つけると「ここまでよく、おいでになりました(*'▽')いらっしゃい。」と


青梅を見ると思う嫁でした。


青梅の蜜煮、青梅の季節です。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:青梅

三回目のお花のお稽古

2013.06.08 16:05|お店のこと
DSC01983.jpg

第三回目のお花のお稽古。

今回先生が用意してくださったお花と緑は

・梅花空木
・シベリアユリ
・なるこ
・ヒペリカム


梅花空木の緑がとても爽やかです。

お店の床の間に活けました。

シベリアユリがとても白くてまっさらで大きく咲いています。

明後日ごろには蕾も大きく咲くのかな。



お花を自分で活けると

ちょこちょこ様子をどうしても見に行ってしまう習性が私にはあるようです。


「あの子たちの様子はどんなかな?機嫌よく咲いているかな(*'▽')」という感じです。




もちろんお客様がいらっしゃるまでの間のことですので


ご安心くださいね(笑)(*'▽')




-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

涼しげなお通しをどうぞ

2013.06.07 14:46|お店のこと
DSC01968.jpg

「見て食べて、涼しい一品」お通し。


そうめんのゼリー寄せ」です。

大将が「涼しいもの作る」と言っていたのがこのゼリー寄せでした。



彩りに赤と黄色のパプリカを焼いてから皮をむき、吸い物の味に調えて

えだまめとそうめんと一つになった一品。


そうめん淡路島の特産品の一つです。



思い出すと


私も毎年淡路島の祖母から、淡路島の手延べそうめんが送られて

いつも「ああ夏がやってくるんだな」と


淡路島からの小包から夏が始まっていたような気がします。


今年は、大将の料理。一皿一皿に季節を感じています。


DSC01969.jpg

食べるのがむつかしそうなのかなと思っていたら

ちゃんと四等分に切ってあって食べやすくしてありました。(*'▽')

緑のもみじがひとひら。

涼しげに添えられています。


涼しげなひと時を、お届けできたら幸いです。


-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島 そうめん

可愛いcafe。淡路島でみつけちゃいました.-La Uhbe-

2013.06.06 20:40|淡路島のこと
201306061303000.jpg
本日定休日。

大将は早朝より徳島に釣りに出かけていきました。

私は久しぶりに、実家の母とドライブとお昼ご飯を食べに出かけました。

本日お邪魔したのは

淡路島の洲本市五色町にある「La Uhbe 」さんです。

母が行ってみたいと調べてくれていました。

カーナビがなぜかうまいこと案内してくれないというハプニングで、

ぐるぐる同じ道を走るということも道中ありながら到着。




201306061301000.jpg

緑いっぱいと大きな木が沢山ある中の気持ちのよいcafeです。

可愛い看板がお出迎えしてくれました。

「あーーー!!私の好きな雰囲気のお店だ(*'▽')」と入口から

うきうきでした。
201306061153001.jpg
写真の許可をいただきました。

今日は大将が大漁になりそうとカメラを持っていくとのことで

私は二つ折りの旧携帯での撮影(;'∀')

壊れるまで使いなさいとの大将の命令のため、いまだに旧式です(笑)

素敵さが届く写真が撮れますようにと願いながら撮影しました。






とても可愛いテーブルに椅子がいろいろで、どの席に座っても

ゆったーり。うっとりー。となる感じです。

ロッキングチェアがゆらりゆらり。

何人も一緒に座れるロッキングチェアもありました。

後から大勢の女子グループが来られ、とても楽しそうにみんなで揺れていました。(笑)



201306061155000.jpg
ワンちゃんと一緒にお店で過ごすこともO.Kとのことです。

お店の近くにも、ワンちゃんがのびのび過ごせるような場所もありました。

仲良くすごしてくれるワンちゃんは、ほっこり一緒に過ごせるのも魅力ですね(*'▽')

201306061202000.jpg

バランスランチは自家製古代米を使用しているそうです。

一日15食限定(*'▽')

母からちょこっと味見させてもらっていただきました。

鶏胸肉のチーズ挟みピカタ
新ジャガのジェノベーゼソース和え
キャベツとみょうがのさっぱり漬け
パプリカの彩りマリネ


おいしかったです。

201306061205000.jpg
私はパスタランチ。

お皿が運ばれてきて「可愛い!」


クレソンと干し海老の香味フレッシュトマトパスタ

オイルにいろんな美味しいが混ざっていました(*'▽')

201306061233000.jpg
シフォンケーキもふわふわで

コースターがアイビーの葉っぱ!で

運んでくださった優しい笑顔の店員さんに

「可愛い!可愛いです」と興奮ぎみの私でした。(*'▽')


201306061247002.jpg

外でも過ごせるので

ワンさんと一緒に来ていたお客様がいらっしゃいました。

風がとても気持ちがよく

緑がサラサラしていました。
201306061247003.jpg

お店のお隣が

シルクフラワーや雑貨のお店になっていています。

お店に入ろうとすると母が発見(*'▽')


「ここで写真撮って。バックがお花で可愛いでしょ」と無言のメッセージが(笑)


満足いただけたかな?

撮影が終わるとピョンと飛んでいきました。



201306061301001.jpg
お店をでて、階段を上ると

また緑が気持ちいい場所に。

コテージがあって、お泊りもできるようです。

写真はコテージ前のくつろぎチェアのような場所。
201306061302000.jpg

ちょっと高くなった場所からお店を眺めると

またいい感じ。

遠出して、風と緑と仲良く、のんびりできる国にきたみたいな感じでした。


また淡路島で、お気に入りの場所を発見しました。

淡路島いいところですよ。

ぜひ!!行ってみたい場所のひとつに混ぜてください。



さて大将は、残念ながら「いっこも釣れんかった」と日焼けして

しょんぼり帰ってきました。(;'∀')

大漁のつもりで出かけたので(笑)残念そうでした。

その後は、近くの温泉に二人ででかけました。(笑)

温泉も近場に沢山あるというとてもいい場所淡路島


いいですよ(*'▽')

これからも淡路島のいい場所発見したら

また報告させてくださいね。




-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

タグ:淡路島

炊き合わせ=イトヨリの葉桜蒸し=

2013.06.05 16:00|お店のこと
DSC01938.jpg

まえ川の会席コース料理の

今月の炊き合わせは「イトヨリの葉桜蒸し」になります。

(スズキの葉桜蒸しなど、その時々に合わせてお魚が変わる時があります。)



炊き合わせは、複数の食材を使い、一つ一つの食材をそれぞれに薄味で炊いて、一つのお皿に

彩りよく盛り合わせたお料理です。






それぞれの持ち味を生かし、目にも、味にも美味しい一品です。


炊き合わせという一品を意識してみるようになったのも

お店を手伝うようになってからです。


イトヨリを道明寺で包み、桜の葉で包み、蒸します。

葉桜の香りが蒸した器の蓋をあけるといい香りです。


DSC01848.jpg

ワサビの銀あんをかけ

海老とオクラを綺麗に添えて。


とても優しい、ふんわりとした葉桜蒸しです。

季節によって

桜が満開の頃などは、ピンク色に色づけすることもあるそうです。

今は葉桜なので、白色という形で

季節も表現しているとのことでした。



DSC01849.jpg



それまで外食した時に、コースを頂くときに魚の煮物だったり、

お野菜丸ごと一つを煮て出るのも

持ち味を生かしての一品と思っていたのですが、


大将の炊き合わせを見るようになって

自分の味わい方の世界がまたひとつ広がったような気持ちになったりしました。


ひとつひとつを生かしながら

一つのお皿で素材が出会い、美味しいを全体で創り出すのが炊き合わせだと

思うようになりました。


何か色々なことに通じていて面白いですね。

(今までしてきた仕事や人と協力して何かを取り組む時のことなどにも当てはめて考えたり)




大将は上手を言いませんが

料理で色々を表現しています(笑)




季節の一品 炊き合わせのお話でした。





-miki

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

雨上がりの京都ぶらり歩き

2013.06.04 00:05|お店のこと
DSC01903.jpg
錦市場から、八坂神社へ向かいだすと

雨が上がりました。



「ほらね。雨大丈夫って言ってでしょ。よかったねー」などと

またあたかも自分が晴れの人だと言わんばかりの、したり顔でした。(^J^)

神様もあきれ顔だったかもしれません。(反省)

綺麗に整えられたツツジが迎えてくれました。


DSC01894.jpg

大将は「いい。いいわ。」と戎様を撫でるのを遠慮していましたが(笑)


私が「ここまで来させてもらったのだからお礼とご利益をいただこう!!代表者!!はい!」と


戎様の頭をしっかりとなでてくださいと大将にお願いしまして(笑)


戎様と結ばれた瞬間を撮りました(*'▽')←困った嫁だなぁと思っている方、その通りです(笑)


DSC01898.jpg
本殿にお詣りをして

その後、「美御前社」にお詣り。

修復され、より一層、麗しきお力がお強くなられたとのこと。

私は気合いを入れて(>_<)←そこ気合い入れるところなの?!と

きっと友人は突っ込みをいれるでしょうが(笑)



大将は「・・・・」と、なりながら荷物を持ってくれていました。


手のひらに神水を頂き

肌につけさせていただきました。




「身も心も美しく」美徳成就。(*'▽')

お力をお借りしながら、日々徳を重ねていきます。

DSC01899.jpg
ゆっくり散策しながら

歩いていくと、大将の目当ての「刃物」神社。

大将は黙って手を合わせに行きました。

刃物に感謝と命を頂いて料理させていただいていますと後ろで私も手を合わせました。


DSC01900.jpg

大将は修業中、祇園を訪れたら

ここに来て手を合わせていたようです。

DSC01902.jpg
雨上がりに、夕暮れの前の日差しが射してきて

辺りがキラキラと輝いていました。

ありがたい気持ちも一緒にいただきました。


DSC01904.jpg

お食事をいただくお店へと歩いていると

紫陽花がきれいに咲いていました。

祇園の小路の風景は、凛とした空気と、ふわっと花や緑が静かに咲いていて

どこをとっても絵になるなぁと感心しました。



DSC01923.jpg

お食事のお店は、大将が以前足を運んだ時とは店主が変わっていて

大将は少し残念がっていましたが

私は、大将が昔訪れた場所で食事ができて嬉しいなとニコニコ上機嫌でした。

帰りは、日が暮れ

鴨川沿いの灯りがとても綺麗でした。

アベックの皆さんが、等間隔で川に沿って座っている姿も

なんだかいいなぁと思いながら見ていました。

京都もとても素敵な所だなとまた思いました。


電車の中から

その土地、その土地に

灯りが灯っているのを見て、

灯りは人の暮らしが、営みがあることを感じさせてくれるねと

大将とそんな話をしながら帰りました。


大阪・京都

急ぎ足で過ごしましたが、とても心地のいい時間をすごせて

明日からまた頑張ろうと思いました。



-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:京都 八坂神社

大阪・京都で器や飾り物を見にいきました

2013.06.03 00:20|お店のこと
DSC01875.jpg
私の誕生日前日は定休日で

大阪京都に日帰りで行ってきました。

とてもハードなスケジュールで巡ってきました。



大阪では、道具屋筋で食器や小物


調理場の道具


紙屋さん


「これどうかな?」「いいね!」

「これは、どっちが感じがいいかな?」「うーん。こっち。」「やっぱり」

などと言いながら二人でいろいろを見つけてきました。

色々な物を見るということは

とても刺激になったり



器だったり

飾り物だったり

それを目にしたお客様が「いいな」とにっこりされることに

繋がると嬉しいなと思って

選びました。


かなり真剣にお店をまわっていたので写真を撮ることを

忘れてしまいました。(>_<)うっかりです。


DSC01879.jpg
「あっ!!もう京都に移動しないと。」と

急いで阪急梅田に向かい京都へ。


電車の中で、思い切り寝てしまいました。


京都では

1.可愛い飾り物を見つけること

2.八坂神社にお詣りすること

3.大将が修業時代に食べて「美味しいな。感じがいいな。」と思った店で食事をすること


というワクワクするミッションがありました。




錦市場は沢山の人が

行き来していました。
DSC01882.jpg

小さな飴やこんぺいとうがたくさん。


この紫陽花の金平糖。

6月のディスプレイにしたら可愛いかも(*'▽')(*'▽')


DSC01884.jpg
5月の鯉のぼりと兜のお人形を片づけたら

可愛いお客様が「あーーーん。こいのぼりちゃんが居なくなった。さみしいよー」と

言っていたので

今度の6月のお飾り、気に入ってくれるかなとか

想像しながら

あっちこっちと

商店街や小道のお店と巡りました。

DSC01885.jpg

「このカエル可愛い!!」「飾りにいいかも!」

「本物の葉っぱを敷いてのせたら、いいかも!」と

二人で気に入った飾りを見つけたお店で写真の許可をいただき

「他の可愛い」をカメラにおさめてきました。


いかがでしょうか?

すこしほっこりしていただけたでしょうか(*'▽')



大阪京都も魅力のある場所ですね。


明日は、八坂神社と街並みを

ぶらりご一緒した気分になるようなブログをお届けしたいなと思っています。


-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

タグ:京都 大阪

舞台裏の大将と学びのこと

2013.06.02 11:45|お店のこと
DSC01941.jpg

まえ川に、同じ時間にご到着され、コース・単品でのお客様とそれぞれ別で大人数ということも

しばしばです。

厨房は、大将ひとりで切り盛りしているのですが、

その動きを見ると

感心します。

揚げ物のお料理も、

揚げあがるのが同じになるように計算されて

段取りされて

パパパっと反応して、サササッとリズムをとるように動いています。

ボクシングの選手がスイングしているみたいに見えました。



美味しいものをお客様に届けるために

集中している背中です。

DSC01943.jpg


大将は修業時代に、

150人分の揚げ物をしたこともあると以前話してました。


家族の分を揚げるだけでも大変だなと思う私(;'∀')


島外からのお客様が、


「ここの大将、かなり修行してはるでしょ。見ただけでもわかりますよ。」と


嬉しいお言葉をいただきました。(*'▽')


お料理を通して、大将がしてきたことや想いが届くことは

本当に、傍らから見ていて

飛び上がりたくなるほど嬉しくて感謝でいっぱいになります。



嬉しい言葉をかけてくださるお客様のお心が本当に素敵だなと思います。


ふとしたことを



自分もそんな風に

伝えられる人になりたいなと


お店を大将とするようになって、このような大切なことを

学んでいます。




今からお昼のお客様がいらっしゃいます。

また気持ちを込めて

お料理を届けたいと思います。

-miki

テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ