心素敵に動くとき・誰かと共有したくなること

DSC02973.jpg
生け花の展示会。

無事終了。

準備・活けこみ・展示当番・片づけと色々でした。

先輩の作品・一緒に学び始めた方の作品。

それぞれがそれぞれに、素敵に活けられています。


DSC02981.jpg

今回初心者の私は、

活けたことのない花器のタイプを勧められ、

まったくもって、何をどうしたらいいかわからず(笑)

オロオロ(;'∀')

DSC02979.jpg


ほとんど先生が活けてくださったという形で、

展示の名前が添えられるのを見て


「うわー('Д')これは・・・偽装というものじゃないですかぁ(/_;)・・これは・・」と嫁。


それを聞いて、皆さん爆笑。

先生は「今度は、一人で活けれるようになってるから大丈夫」と笑っていました。


DSC02976.jpg

展示会の当番の際には、

見てくださった、お子様から年輩の方まで

色々な場所から、お花を見つめる眼差しが優しかったことや

各作品がそろって一つの場を作られている静かで華やかな迫力を感じてくださったご様子にも

触れることができてよかったです。


DSC02945.jpg

なぜかたくさん声をかけていただいて

お花の持つ力なんだろうなと改めて思いました。


DSC02961.jpg

お花を介して、素敵だなという気持ちを人と共有できること。

素敵なモノに出会ったら、人と共有したくなるものなのかもしれません。

お花であったり、料理であったり、季節であったり

心が素敵に動くものと沢山出会ったり、気付いたりしたいなと

そんなことを思った展示会の風景でした。


DSC02969.jpg

大将も、仕込みで忙しい中、

私の「私の名前の先生の作品見に行ってー(笑)(*'▽')」の言葉に

ちゃんと答えて、足を運んでくれたようで(笑)


先生が丁度いらっしゃって、「こっちこっち(*'▽')」と案内してくださったようです。

DSC02965.jpg

帰ってきた大将、

「とても綺麗に活けてあったよー。さすがだねー(*'▽')」と相変わらず褒めてくれましたが

嫁は「うん・・・('Д')だって、先生が活けてくれた花だもん・・」と。


二人の間に「・・・・・」沈黙が流れたのは言うまでもありませんね(笑)



DSC02963.jpg

ともあれ、先生の活け方、先輩の作品色々なことを学べてよかったです。(*'▽')


いつか、いろいろな花器にも素敵に活けれるようになりますように。


結局どの作品が私の名前ででていたかというのは、あえて伏せておきます(笑)

ヒントは洋風です(笑)('ω')

-miki

岡山のマスカット!!

DSC02402.jpg
お世話になっている先輩から

美味しい、美味しいマスカットが届きました!!

他部門ながら、本当にたくさん相談にのってもらい、

いつも大きなところで見守ってくれていた先輩(*'▽')

岡山・淡路島と離れてからも

自分にとって大事な事柄の時にいつも声をかけてくれるという

タイミングに

本当に本当にすごいなと思ったり

ゴールデンウィークに息子さん達と訪れてくださった時の様子に

「男の子はいいなぁ!!」と憧れたり(笑)


この瀬戸内ジャイアンツ

先輩の仲間の方のご実家で赤磐でつくられたものだそうです。


お父さんが愛情を込めてつくられ、以前表彰をされた腕前の持ち主で

すぐに売り切れてしまうという

貴重な貴重なぶどうで

桃太郎ぶどうとよばれています。

DSC02401.jpg




種がなく、皮ごとまるごと食べることができるという

おいしいぶどう!!(*'▽')


一粒一粒が

大きく可愛いコロンとした桃の形をした姿が

ちょっとハートに見えたりと

私は嬉しくて食べる前に、しばし見つめて観察(笑)

食べると「!!!美味しい!!!(*'▽')」

四季を通して心を込め続けて育てられたぶどうと

味わいながら

先輩の気持ちを一緒にいただきながら

美味しくいただきました。


このぶどうを食べたらどんな顔になったかというと


「美味しいぶどう顔になりました(*'▽')」ニコニコ。


美味しいですよー(*'▽')!!



-miki

今日は母の日

DSC01259.jpg

今日は母の日です。

いつも「ありがとう」と伝えているつもりの私ですが

母の日も「ありがとう」を(笑)。


今日のブログの写真は、

四葉のクローバー」を見つけた写真です。



以前紹介した、あわじ花さじきに母と訪れた時、

私:「ここにきっと四葉いるよ。」

  しゃがんで2秒。

  「ほら。あった!(*'▽')」

母:「(笑)ほんとだ。早い!」


四葉のクローバーを見つけるのが特技と常々言っていたので

注)四葉の気配を感じたら見つけることができますが、気配のないところではみつけられません。


母の前で実証できて、ひそかに喜んでいました。



てくてくと歩いていくと

今度は母が、「こういうところにありそう・・・」

「あっ!虫にくわれているけどあった。四葉(*'▽')」

すぐにみつけていました。


どうも親子で同じような感じでした。



DSC01345.jpg


寄り道しながらの帰り道の駐車場。

車の横に、ちいさなおもちゃの車が転がっていたのを見つけた母は


「ここにいたら轢かれちゃう」と


木陰の気持ちのよさそうな所に、ちょっぴり壊れているおもちゃの車を

避難させてあげていました。(笑)



避難した先があまりにも気持ちがよさそうなところだったので笑ってしまいました。



「おもちゃの車の恩返しがあるかもね。交通安全。」と言いながら


写真を撮った私でした(^_^)




母の日、さきほど母の顔を見にいきました。



そして、もうひとりの母の所にも。


大将のお母さんのところには「一緒にいこうよー!」と大将を誘いましたが、

照れているのか、なんなのか,

毎日会っているので今更という感じでしょうか(笑)


しゅっとして厨房で仕込みを続けて誘いにのってくれませんでした('Д')

「うっ。重たいよー。お花これもってー(*'▽')」と演技をすると

「どうみても軽いでしょ。」とちらりと見るだけ。



「一緒に行かないなら、一人で行っちゃうからねー」と言っても

「わしはいかないから」としゅっとしてます。



大将らしいといえば大将らしいですが(笑)


恥ずかしがらなくてもいいのになぁ。

-miki

乙武さんの映画「だいじょうぶ3組」

201304231206000.jpg

先々週の定休日は

乙武洋匡さんの「だいじょうぶ3組」を大将と見に行きました。

乙武さんが、映画デビューということもあって

「見たい!見たい!映画行こう!」と猛烈に誘っていましたが、

公開からの定休日・・・いろいろでして

やっと先々週の木曜日!

「これは見たい映画!見に行かなきゃいついくの?今でしょ!」との勢いで(>_<)←嫁強気(笑)

それに大将が付き合ってくれた映画でした。


映画は、子ども達の素直な反応や

赤尾先生の言葉やまなざし、伝えたいこと

そして日常の暮らしの動作

乙武さんの存在感

心に残るものでした。

(見る人それぞれに思うところや心に残るものがあるのだと思うので

あえて詳しくは書かないことにします。)

まだ公開しているので興味のある方は

ぜひ!!!(*'▽')


私は実際に、乙武さんに出会ったことがあります。10年以上前になります。

乙武さんの講演会に行ったのですが

友人が体の状態のこともあって、トイレが洋式しか使えないので

二人で洋式トイレを探して探して

障害者用トイレ。ドアが当時アコーディオンカーテン。

閉めたアコーディオンカーテンも、自然に開いていくというもので

「福祉会館という名前なのにね。このトイレは困ったもんだ('Д')」なんて言いながら

アコーディオンカーテンを外から私は開かないように支えていました。

支えながら

友:「ねぇねぇ。乙武君に会ったらどうする?」

私:「どうしようね。好きな食べ物とか聞いてみる?」

友:「新幹線で来たんですか?とか聞く?」

など想像は果てしない感じでいると

トイレの前の廊下から

ジーーーーー。という機械音がしました。

振り向くと


振り向くと


乙武さんが電動車椅子で移動しています。


私は「ハッ」と息をのんだところ



気付いた乙武さんは「あっ。こんにちは。」と一瞬止まって会釈してくださいました。

しかも、乙武さんの方からの、まさかの挨拶!!


私も「こんにちは!!!」

乙武さん:ニッコリ(^_^)

会釈し移動していきました。


トイレの中の友人は大きな私の声にびっくりしたようでした(笑)

そして羨ましがっていました(;'∀')そうだよねー。ごめんよー。と謝りつつ

報告を何回も何回もしました。(笑)


乙武さんの笑顔が本当に凄くて

暗い廊下だったのですが、光が射したように明るく光っていて

私の中で、今でも「伝説の笑顔」です。

今でも、あまりに想いすぎてみた「夢の中の出来事」だったのかなと思ったりしますが

講演会中ドキドキドキドキしながら居たことを思い出すと

ドキドキします(*'▽')


今でもその笑顔を思い出すと元気がでます。


乙武さんの東北の震災後の始球式の動画がYouTubeにありますが、

あの映像を見ると、励まされます。

乙武さんは、その日のために相当練習して練習して

備えたことも後日談で知りました。

乙武さんを思う時

自分の力を最大限に使っているのか?

力を信じて取り組むことができているか?と自分に問いかけます。


という一面と

乙武さんの

「不真面目で、力の入っていない障害者もいるんだよ。」いうメッセージを

自分を使って発信していると公言している茶目っ気や何事も「面白がるところ」も

魅力です。


ツイッターのやり取りがのっている「オトことば。」の本。

また印象がかわるかもしれません(*'▽')フフフ。

「だいじょうぶ。3組」も

「だいじょうぶだぁ。3組」や「だいじょうぶ。ヤンクミ」などの

読者さんの反応に返答しているのも面白いです。フフフ。

という私は、ツイッターをしていないので本のみで楽しんでいます。



「幸せって何だと思いますか?」

→「幸せとは何だ」と聞かれると考え込んでしまうけど

 「あなたは幸せか」と聞かれたら、すぐに「うん!」と答えるよ。

乙武さんの様子が思い浮かびます。

私も同感する言葉のひとつです。



「だいじょうぶ。3組」の後の私の乙武さんからのお楽しみは

「自分を愛する力」僕が明るく生きられる理由。の本を読むことです。


すぐに読むのがもったいなくて(笑)

出版から一か月経ってから購入しました。(*'▽')

でもすぐに読むのがもったいない(笑)と気持ちと小さな格闘をしている私です。


さて大将といえば

「だいじょうぶ。3組」のタイトルを

「ありがとう。3組」と間違いますが、

本当に「ありがとう。3組」という本がでているので

大きく外れていないところがスゴイなと感心します。(笑)(^-^;




そして映画の中で、乙武さんが、生徒にお手紙を書くのですが

すごく字が綺麗で「字、綺麗かったな。びっくりした」と言っています。

今まで大将、「字と絵のセンスが、自分には残念ながらないんだ」と

言っては苦笑いしていましたが、

この映画を見てから言わなくなりました。

「センスがないというのは理由にならない」ことを知ったようです。(笑)

私も苦手なこと、もちろんありますが

前に見た映像で

水が苦手かなと言っていた乙武さんが

楽しみながらカヌーをひとりで漕いで進んでいたように

何事も楽しめるようになれたらいいなと思います。


今日は長文になりました。だいじょうぶ3組を思い出しながら

色々なことを思い出しながら書きました。

映画の話をブログで書こうと思って、また「オトことば。」を読んで寝た次の日の朝、

淡路島地震でした。

(しかも前日本の中の、東北の地震のところを読んでいたので地震の時は一瞬夢かと思いました)


そんな一幕もありました。




今日、YouTubeを見ていたら、

台湾のプロ野球始球式の乙武さんの投球がYouTubeにアップされていました。

こちらも見て、胸が熱くなりました。



「心を込めて感謝の気持ちを相手に届ける」このことの

大切さをまた教えてもらいました。

ありがとうございます。乙武さん。




そして、

今日は木曜。定休日。一日、祖母の所へいって

玉ねぎをひいてきました。いろんな大きさの玉ねぎがあって

おばあちゃんが

「大きいのも、ちいさいのも、まあるいのも 長いものもどれもいい」

「小さいのは、一回で食べきれるし。大きいのはたくさん食べたい時にいい」

「おばあちゃんの玉ねぎ皆がほめてくれる。全部いい」と笑っていて


だいじょうぶ3組のことを

「みんなちがって、みんないい」を


乙武さんのことを思い出したので書きました。

なんだか色々乙武さんに繋がった一日でした。


明日は「淡路島玉ねぎばあちゃんのお話」のブログの予定です。(笑)(*'▽')



私の心の学び舎のお話でした。

-miki

だいじょうぶ。3組(公式サイト)←ホームページに繋がります。

やって来ました!次の日のお楽しみ!

DSC01471.jpg

昨日は大将がスズキを釣り上げて帰って来てくれたので

脂がのって美味しい刺身を堪能しました。

今日は、大将、スズキのフライとアラのお味噌汁を作ってくれました。(*'▽')

「美味しい!!」「冗談抜きでおいしいなー!!」のお互い連呼で(笑)

昨日から今日まで、美味しいを楽しませていただきました。


また大将が釣りに行くときには

「行ってらっしゃい!!!」と海に向かう後姿を見送ってあげようと思います。


今回、大将は私を起こさないようにそーーーっと出かけたとのこと

見送りたいと言っていたけど、目覚ましが鳴る前に出かけられていたので

次回は、更に早く目覚ましをかけて

見送ろうとおもいます(笑)

とはいえ、プレッシャーになっては可愛そうなので

心の中で大漁を祈ることにします。( *´艸`)

-miki