淡路島の黒岩水仙郷

DSC02872.png


先週の定休日に

灘黒岩水仙郷に行ってきました。

去年、水仙と景色がとても素敵とおススメしてくださりましたが、

出産をひかえておりまして行くことができなかったのですが、

今年、娘も一緒にいくことができました(*'▽')


駐車場に入ってこの景色を見て

大将に娘をおぶってもらうことにして(笑)

出発。




DSC02876.jpg

水仙郷のスタッフさんに

「あかちゃん一緒にいい景色を!」と声をかけていただいて

てくてくてくてく登っていきます。


DSC02878.jpg
大将は歩くのが速くて

平地でもついていくのがやっとなので

思いっきり置いて行かれて、ひとり、水仙と風景と香りを楽しんで

マイペースな嫁。

かわいい水仙のキャラクターの笑顔に癒されながら

続く階段を登っていきます。

DSC02882.jpg

海がとても綺麗で

淡路島は本当に海と空の景色が美しいなと

息切れしながら立ち止まって見入っていました。


DSC02890.jpg

灘黒岩水仙郷は、

今から約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが

だんだん繁殖したとされていて、

今ではここ淡路島の南部に位置する標高約608メートル

諭鶴羽山から海に続く45度の急斜面の一帯、

約7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が咲いているそうです。

花は一重咲きの野生の二ホンスイセンが中心で、わずかに八重咲きの花も混じり、

1月を中心に12月下旬から翌年の2月下旬まで付近一帯、甘い香りに包まれます。

(淡路島観光協会のHPより)


淡路島のいいところ

またまた再発見。

娘は、大将の背中からちゃんと景色をみたのでしょうか?(笑)






DSC02892.jpg

練物屋さんの水仙郷店。

練物屋さんで揚げたてをいただきました。


DSC02894.jpg

アツアツ、ふわふわ美味しかったです。(*'▽')


DSC02897.jpg

そして帰り道。

お猿さんの、自由な姿に遭遇。

なんとも綺麗な海と空と光の粒に包まれて

くつろいで過ごしているような姿にほんわかしました。

お猿さんのいる風景の素敵なこと。

淡路島の灘黒岩水仙郷・お猿さんのいる風景。

ちょっぴり旅した気分になっていただけたでしょうか?


体力に自信のある方はぜひ、足を運んでみてください。

素敵な景色が待っていますよ。



-miki

玉ねぎの苗、植えました。

DSC_0134.png

淡路島と言えば、

玉ねぎ!!!


淡路島は、玉ねぎの苗が植えてある風景になっています。


私も、先日、新玉につづき玉ねぎの苗を実家で植えました。

父と母が植えている所に、参戦した感じですが(笑)



さてさて、どのような成長を遂げてくれるでしょうか。


素敵な淡路島玉ねぎになったら

「まえ川」のお店に登場する日がくるかもしれません。

楽しみです。

紹介できたらいいなと想像している嫁であります。





DSC_0140.png

さて。

玉ねぎ畑と、娘。

娘に玉ねぎを植えるときに、「総監督」してもらおうと思っていましたが

眠たくて、ねむねむさんになってしまい。

総監督できませんでした。(笑)

来年は一緒に玉ねぎの苗を植えれるでしょうか?


淡路島、玉ねぎの苗の季節。

そして玉ねぎ畑の風景の一コマでした。



-miki





有意義な休日

DSC02185.jpg

この木曜・定休日。



淡路島は気持ちのいい晴れ。

前から予定していた娘と近くのに。



はじめてのにワクワク、きゃっきゃっと喜ぶ娘。


打ち寄せる波の音。


澄み切った青空。


貝や蟹などちいさい生き物がイキイキ。



素晴らしい休日。


島時間を過ごすことができました。


「連れてきた甲斐があったね」と大将と私も満足した一日でした。(*'▽')







DSC02207.jpg








DSC02202.jpg


といきたいところでしたが・・・・


娘。



初めての


おしりがに浸かっただけで


大泣きも大泣き。



今までにない大泣きでした。('Д')

「こりゃダメだ」大将、すぐに撤収。




嫁は「場所がこわかったんじゃない?(;'∀')かるものにいってみようよ」とあきらめず(笑)


大将。「いやーあかんぞきっと。(;'∀')泣くよ泣く泣く。」といいながら




かるものへ移動しようと車に乗せたら









DSC02206.jpg

これまた見たことのないほどの

ご機嫌ななめ(笑)



帽子をかぶせようとしたら、さらにご機嫌ななめ最高潮になりました。



ちょこんとのせただけの帽子に


このご機嫌ななめっぷりに


嫁は爆笑。









DSC02210.jpg




大将が海につけないように抱っこして



海は気持ちいぞーーと言いながら海に入るも大泣き




DSC02215.jpg

深くてこわいのかもと



波打ち際で足をつけても大泣き




初めての海は


大泣きで始まり、大泣きで終わりました。


ちなみにこの後、大将、久しぶりに海に潜るとワクワクしていましたが

潜ると

海が濁っていて、クラゲがたくさんで

早々に引き上げて戻ってきました。




娘に大泣きされ、海にも潜れず、大将踏んだり蹴ったりでした。(笑)



DSC02224.jpg



帰ってきて

お風呂ちゃぷちゃぷして

一息ついたら、この笑顔(笑)



大将と私は

「海で大喜びする姿を想像していたのに、

行った甲斐がなかったというか・・なんというか・・・(゜o゜)」と

脱力。








大将、娘に

「また海行きたいか?」とこの日から毎日聞いています。




娘は

にこーーーーっと笑って答えていますが


あんなに泣きすぎたからと気を使って笑っているようにも見えます(笑)






お店で、お休みに娘と海にいこうかと予定している話をしたところ



娘の初の海の様子や水着姿を見たいーとリクエストがありまして


本日は、「看板娘、はじめての海へ行く」の巻を紹介しました。(笑)








喜んでいただけたでしょうか。














-miki

沖さんのかまぼこ!!

DSC01041.jpg

淡路島に来て

右をむいても、左をみても、

おいしいものがたくさんある!!と思ったことを思い出します。

そのひとつに、沖さんの蒲鉾があります。


私が好きなものを、

遠く離れても応援してくれている元上司・先輩・同僚・友人・後輩・心友にも

味わってもらいたい!!と思ったら

思いつくのが沖さんのかまぼこでもあります。(*'▽')



そして

練物屋さんのおねえさんの筆文字も素敵で(*'▽')

練物屋さんのお店の中にみつけちゃったのです。
 とても可愛い素敵な筆文字で書かれたのしを(*'▽')

すかさず、

贈り物の際に

「おねえさんの文字でのし、書いてもらえますかー!!!(*'▽')」と何度もお願いしたり。




DSC01024.jpg

ややこしいお願いもさわやかに対応してくださる奥さんも素敵で

そして

鯛のかまぼこ!!「おめで鯛」をいただきました!!

大きいめで鯛と娘の写真を撮りました(笑)

沢山このめで鯛かまぼこと写真を撮り、

巻き込まれた大将は「いくらなんでも、もうそんだけ撮ったらいいんじゃない?(苦笑)(;'∀')」と

言うほど撮りました。

このめで鯛さんの大きさを表現したい!!と一生懸命になっていました(笑)


DSC01036.jpg

私の友人や後輩も子どもさんと一緒に、このめで鯛と写真をとったとのことで

写メを送ってくれて(笑)←やっぱり撮りたくなるでしょー(*'▽')とニヤニヤする嫁。



かまぼこ美味しくて、そして素敵な写真まで撮れて

おいしさ2倍!!!


昨日、沖さんにお会いできたので

鯛のかまぼこと娘の写真をブログに載たいですーとお願いして快諾いただいて

載せました(*'▽')


沢山撮った写真の中からどれを載せようかと熟考しました(笑)


美味しい可愛いかまぼこ

嫁がどれだけテンションがあがっていたか想像していただけることと思います。


美味しいですよー!沖さんのかまぼこ(*'▽')。

練物屋さんにいったらいろんな揚天も蒲鉾もあり

いろいろな練物に出会えますよ。





ホームページはこちら→沖蒲鉾


-miki